ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロックショア専用のPE系ライン】ハードコアX4PROロックショアで山陰のアフタークロソイを狙う(寄稿by加藤隆司)

こんにちは、デュエルフィールドスタッフの加藤隆司です。

この時季は、山陰のクロソイがシーズン。ということで、クロソイゲームの模様と、その時に使用したロックフィッシュゲーム専用PEラインについて紹介していきます!

加藤隆司(kato Takashi) プロフィール

普段は鳥取県、島根県の山陰両県がホームグラウンド。 アジングなどのライトゲームからロックフィッシュ、フラットフィッシュ、シーバス、青物など様々なターゲットをベイトタックルオンリーの釣りで楽しむマニアなアングラー。

 

ロックショアで求められるラインの要素とは?

ショアからの大型ロックフィッシュで使用するメインラインといえばフロロカーボンが主流となっていますが、近年はキジハタゲームなどの影響もありPE系のラインを使う方が増えてきています。

しかしながら、普通のPEラインはコシがなく、摩擦抵抗も大きいので風や潮に流されたりして操作性が悪く、さらにロックフィッシュゲームで最も重要な根掛かりに対する耐摩耗性がいまいちということもあり、なかなかロックフィッシュで使用する理想のPEラインというのがありませんでした。

そこで、丁度デュエルから発売を控えるロックフィッシュ専用PEラインが届いたのでテストしてきました。

この時期の山陰のロックフィッシュといえばアフターのクロソイです。

回遊型の真冬と違い、この時期のクロソイは非常に根の荒い場所に居付い、典型的なロックフィッシュの狙い方。

タックルは7.4ftのロックフィッシュ専用ロッドにベイトキャスティングリール、非常に根が荒いポイントなので6インチワームの7gダウンショット。

そして使用するラインは「DUEL HARDCORE X4 PROロックショア」の1.5号です。

出典:デュエル

デュエル公式HARDCORE X4 PRO ロックショア詳細ページはこちら

ハードコア X4 PROロックショアはシリコンコーティングによる適度な張りとライン表面の滑らかさがベイトタックルにベストマッチ。

シリコンコーティングなので摩擦にも強いです!!

出典:デュエル

驚くべき飛距離と風や潮に流されない操作性に優れ、アフターで非常にバイトが小さいクロソイにも高いライン感度でハマります。

 

広範囲をランガン、飛距離の出るラインの重要性

ポイントとなるのは中海の岩礁帯。この時期のクロソイはあまり広範囲に散らばっておらず一カ所にまとまっているので、とにかく広範囲をランガンします。そのため飛距離が非常に重要です。

とにかく全弾フルキャストで根の荒いポイントを探っていくこと1時間。

フルキャストして細かいシェイキングで5mほど探った所でロッドに微妙な違和感があり、アワせるとがっつりフッキング!

アフターとはいえ、この時期のクロソイは真冬と違いスリムな分、俊敏性があり意外と引きます。根に入られないよう、強引に根から引きずり出し、無事40cmのアフタークロソイをゲット!

ハードコア X4 PROロックショアは飛距離、潮に流されない滑らかさ、感度、強度、どれをとっても大型ロックフィッシュゲームに必須なラインの条件を満たしており文句なし!

特に今年は私がプロデュースするPE系をメインラインとした大型ロックフィッシュ専用ロッドを開発中ですので、ハードコア X4 PROロックショアは、これから私にとってロックフィッシュゲームに欠かせないラインとなっていくと思います。

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」