ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【カエル攻めのコツを紹介】フロッグゲームのススメ in 霞ケ浦水系【寄稿by薮田和幸】

みなさん、こんにちは! 琵琶湖プロガイドの薮田和幸です。

薮田 和幸 (Kazuyuki Yabuta ) プロフィール

ミックバスクラブ所属の琵琶湖プロフェッショナルフィッシングガイド。imakatsu プロスタッフ。 パワーフィッシングをメインに琵琶湖でのバス釣りを楽しみ尽くすスタイル。山形県出身。O型。

雲行きが怪しくなると所狭しと鳴り響くカエルの鳴き声。

そんなタイミングでフロッグを投げないのは人生損しているとか、していないとか…。

と言う訳で、今回は霞ヶ浦水系のフロッグゲームをご紹介したいと思います。

梅雨入りど真ん中の霞ヶ浦水系は、フロッグゲームが最盛期。

そんなタイミングで、霞ヶ浦水系に約2週間ほど「カエル武者修行」に行ってきました。

ちなみにフロッグゲームをやる上で一番重要なことは、 バスが何を捕食しているか?

フロッグで狙うことができるバスのタイプは、カエル喰いはモチロン、ブルーギル喰い、 エビ喰いと、実は様々なベイトを捕食しているバスを狙うことができるのです。

そして、フロッグのアクション等をその時のメインベイトに合わせて演出することにで、バイトが倍増するなんてこともあるほどです。

霞ヶ浦では「カエルらしい攻め方」を!

霞ヶ浦水系で釣りをしている中で、 数回ですが実際にカエルを捕食しているシーンを目撃したことがあります。

霞ヶ浦水系のバスは栄養満点のカエルが大好物のようです。

ということで、カスミでフロッグを使う時は「カエルらしい攻め方」が重要になります。

では、「カエルらしい攻め方」とは??

基本的には、湖を沖から泳いで来るカエルなんていないので、 岸やアシギリギリにアプローチすることが大前提となります。

キャストが決まらない場合は陸(岸)にフロッグを乗せてから落としたり、アシに突っ込ませてからゆっくり落としたりした方が、 手前側にミスキャストするよりも断然釣れますよ。

オススメのフロッグ&カラーは?

1 / 3
次へ