ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

市村直之セレクト!2019年・琵琶湖活躍ゲーリーワーム3選!

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

こんにちは!市村直之です!

市村直之(Ichimura Naoyuki) プロフィール

ミックバスクラブ所属の鬼釣らせプロガイド。史上最年少でJB・TOP50に昇格した実力派であり、的確なシーズナルパターンを得意とする人物。琵琶湖では特にラバジ&ワーミングが好物。1984年10月生まれ。

今回は2019年に活躍してくれそうなゲーリーワームを3つ選んでみました!

2019年 琵琶湖活躍ゲーリーワーム①ハートテール3.5インチ

今現在はオリジナルサイズのハートテールのスイムジグが活躍していることは別の記事でも紹介しました。

参考記事「【リグは何?】市村直之が解説!ここ最近の琵琶湖・ハートテール事情!【使い方・カラーは?】」

この記事でも解説しているとおり、今現在はスイムジグが活躍しているんですが、その前まで、ちょうどプリスポーンの時期にはハートテールの3.5インチをフットボールヘッドにセットして使うジグストでかなり釣果がでていました!

今年はウィードが少なかったのでスイムジグだとウィードを通過するスピードが早すぎてしまうのが問題でした。

そこで3.5インチのジグストにすればウィードに対して同じスイミングでもかなり時間を稼いで引いてこれます。

そこから本格的なスポーニングの時期になり、ウィードがすこしずつ生えてきたことで3.5インチのジグストからオリジナルサイズのスイムジグに切り替えていました。

アフター傾向が強くなると再びジグストが効果的!

またここからアフターの傾向が強くなってくるとバスが追いかける感じではなくて、いるモノを食おうとします。

そうなってくるとまたプリスポーンの展開に似てきます。

ここで3.5インチのジグストによるアプローチがまた効果的になるんです!

フリーリグも効果的!

またジグストだけでなく、フリーリグも良さそう!

フリーリグに関しては僕も最近よく試しているのすが、少ないウィードに留めながらしっかりアクションを掛けられるのが今の琵琶湖の状況にかなりマッチしているリグだと思います。

ハートテール3.5インチは短い移動距離でもしっかりテールを振ってアピールしてくれるのでフリーリグにも今後期待です!

シンカーをウィードにかけた状態でなるべく動かさず、ルアーだけをアクションさせられるようにスラックをたわませながら「ボヨーン、ボヨーン」と大きめにシェイクさせます。

大きくラインスラックを動かすイメージでロッドを使いましょう。

次のページでは2019年 琵琶湖活躍ゲーリーワーム②を紹介!

1 / 2
次へ