ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シビアな状況に効く】エコギア・熟成タイラバアクアの「食わせ」セッティング

タイラバ特集

エコギア・熟成タイラバアクアおよびタイラバアクアは、これまで以上にマダイのバイトを引き出す、タイラバの秘密兵器!

同アイテムを使った組み合わせの基本セッティングは以下の記事で配信した。

配信記事は→コチラ

その記事では熟成タイラバアクアとタイラバアクアをメインに扱ったが、今回は、ヘッドやリグの組み合わせをメインに紹介したい。

TGアクラバヘッドクワセ

エコギアからリリースされているタングステンヘッド、TGアクラバヘッドクワセ。

当然ながらTGということで、タングステン素材でできている。ボトム感知がしやすい、潮切り性能に優れるといったタングステン素材のよさはもちろんなのだが、熟成タイラバアクアシリーズと組み合わせる時に、もう1つ意味がある。

それは、シルエットが小さいため、ヘッド自体の波動は控えめであるということ。

昨年、オーリーこと折本隆由さんが解説した動画もご覧ください(当時はプロトタイプ)。

熟成タイラバアクアと組み合わせると、ヘッド控えめ、熟成タイラバアクアの波動も控えめ、そして味とニオイは超強烈!ということになる。波動でスイッチを入れるというより、食性に訴えるような、そんなアプローチが効く時にメチャメチャ有効となる。

TGアクラバヘッドクワセにはアクラバリグクワセ(左)が標準で付属。従来のアクラバリグ(右)とはフックの大きさも異なる

そして、TGアクラバヘッドクワセは標準でアクラバリグクワセがセットされている(どちらも単体でも購入可)。

従来のアクラバリグと違い、アクラバリグクワセはフックが小さくなっている(ちなみにハリスはPEライン採用でしなやか)。

1 / 3
次へ