ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水「ガッ釣りソルト」ジギングマダイ攻略~フォールとタダ巻き~

スキッドジグはスキッディングメソッドのみならず、タダ巻きも有効!

また様々な魚種に効果的なメソッドとして挙げられるのがタダ巻き。スキッドジグは高速でのタダ巻きでもジグがロールして暴れ過ぎないので、安定したウォブリングでスイミングして魚を誘います。

このタダ巻きメソッドも誰でも簡単に出来るので非常におすすめ。フォールとタダ巻きを駆使して、今までのジグに反応が薄かった魚を狙っていくのがアシストクラブのやり方となっています。

もちろん普通のジギングスタイルでもブリをはじめ様々な魚種が狙えるのが日本海の特徴になります。

タダ巻きメソッドで有効となるのがスキッドジグのブレードチューン。スキッドジグのリアにコロラドタイプの小さなブレードを装着するだけの簡単なチューンです。

このチューンで全国各地、メーターオーバーのサワラやブリ、タチウオやシーバス、クロダイにマダイ、クロソイなど数え切れない魚種を釣ってきました。

サワラは高速巻きが有効など、魚種やシチュエーションによって巻きスピードの調整はある程度必要ですが、基本タダ巻きになりますので、簡単なので是非チャレンジしてみてくださいね。

早朝は10mを切る浅場でマダイとヒラメを狙うも不発

今回の新潟釣行で一つ勉強になったのが、マダイが結構表層付近まで浮いているということ。産卵絡みの行動かどうかは不明ですが、表層下5m下でも食ってきたのは驚き。

ボトムから20,30mほど浮いたところに沖メバルの反応。
シャクって食わせるのではなく、上から落としていくフォールメソッドのスキッディングで口を使わせます。ピュア・フィッシングのルアー担当トニーが掛ける

続いて良い群れにあたったのかマーケ担当の立原にもヒット。 私にもヒットしたのですが、残念ながらフックアウト

沖メバルは非常に美味。刺身でも煮付けでも最高。スーパーでも高級魚として結構いい値段がついています

2 / 3
前へ 次へ