ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オーソドックスではない。しかし”スペシャルワン”なアジングロッド

テンリュウのライトゲームロッド・ルナキアの中で最もショートレングスなLK582S-LSは、ジグ単アジングのスーパーフィネス特化型ロッド。

車でいえばレーシングカーで、オススメするのは6~7フィートのオーソドックスなライトゲームロッドをすでに持っているアングラーです。もう1本、ちょっと特化型がほしいなんて人!

潮の流れも明確に分かる

アジの居食いバイトまで感じられる超繊細なカーボンソリッドティップ。言葉にするとサラッとしてしまいますが、本当に繊細なティップです(笑)。

わずかなバイトを確実に感じて、それを弾かずに聞きアワセできるようなロッドです。

これまで感じられなかったバイトが分かったり、分かっていても掛けられなかったのがフッキングに持ち込める、そんなロッドです。

出典:テンリュウ

トップガイドから2番、3番ガイドまでが非常にセンシィティブでジグヘッドを投入した時に潮の流れをとらえると、わずかに「ククゥ…」と変化します。

「あぁこっちから潮が流れてるなぁ…」みたいな、潮流もホントに分かりやすい。実際に使っている人は、この感じ、分かってくれるのではないでしょうか(笑)?

以前に頂いた寄稿で、テンリュウテスターの蔵野氏もこんなことをおっしゃっています。

たしかに中層で豆アジが当たってくるがこのバイトを極力無視してさらにボトムへと送り届ける。

豆アジを避けていいサイズのアジのいるレンジへアプローチするには、潮の流れを読んでリグを潮に乗せていく操作が必要になってくるが、これをするかしないかで釣果に圧倒的な差が出てくる。

【配信記事はコチラ】

晩秋アジングサイズアップ法と北陸アジング最新情報【寄稿by蔵野雅章rockfishjunkie】

ありきたりな言葉になってしまうのですが、海中の情報が伝わるロッド。これって結構ありがたくて、特にナイトアジングにおいて「自分が何をしているか分からない」状態にならなくてすむのです。

実は飛距離もかなりイイ

で、5フィート台の長さなのですが、ガイド数は9つあります。多めかなと思います。C・N・T(カーボンナノチューブ)、マグナフレックス製法などが採用されているルナキアのブランクスの性能をより発揮してくれます。

ただ、一方でガイドが多いと飛距離が…という不安もありますが、実はこの繊細なソリッドティップのよどみのないしなやかさが活かされます。

要はしなやかさを活かした反発力で、十分な飛距離が出ます。もちろん飛距離重視のモデルではないのですが、それでも手首を返すようにキャストするだけでしっかり飛んでいきます。少し回すようにして遠心力を使って投げるようにしなくてもスパッと投げられます。

【C・N・Tやマグナフレックス製法にの関連記事はコチラ】

【テンリュウのNEWテクノロジーを生解説】「C.N.T」&「マグナフレックス製法」ってナンダ!?

具体的な使いどころ

テンリュウが挙げている参考タックルバランスは以下の通り。

■参考タックルバランス
リール:160g以下

ジグヘッド単体(1g以下)
モノフィラ(1~3lb)、リーダー(フロロ3~5lb)

スプリットショットリグ(~2g)
モノフィラ(1~3lb)、リーダー(フロロ3~5lb)

超フィネスロッドなので、タックルバランスもしっかり考えてセレクトすると、よりロッドの性能を活かせます。ラインもできれば2lb以下の極細ラインがグッド。

具体的な使いどころでいうと、水深10m以内で0.6~1.2g程度のリグ(やはり一番はジグ単でしょう!)。

タックルバランスとともに、使いどころを間違わなければ、本当に海中での操作が手に取るように分かるロッドだと感じられるのではないでしょうか。

最後に価格。35,000円ということで、実勢では30,000円前後になるでしょうか。テンリュウはご存知の通り、自社窯を持っており、ブランクスは自社生産の国産。個人的にはこの機能性を考えると、かなりお買い得なのでは、と思います。企業努力に感謝(笑)。

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウオーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。