ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【テンリュウのNEWテクノロジーを生解説】「C.N.T」&「マグナフレックス製法」ってナンダ!?

何かと話題の天龍(テンリュウ)のNEWテクノロジー「C.N.T」と「マグナフレックス製法」。ルアーニュースRでも新しいテクノロジーを使ったロッドをこれまでに紹介してきました。

C.N.T(カーボン・ナノ・チューブ)の解説はコチラ
マグナフレックス製法の解説はコチラ

そのNEWテクノロジーを採用したロッドが続々登場しているのですが、今いちど、C.N.Tって何だろう?マグナフレックスって何だろう?といったところをテンリュウの舟木雄一さんに解説していただきましたので、ムービーをご覧ください。

C.N.Tが採用されている製品は以下の通り。
ジグザム ドラッグフォース 
ホライゾン・プログレッシブ
ホライゾンLJ
パワーマスター・ヘビーコア
ルナキア
レイズ・スペクトラ

マグナフレックスが採用されている製品は以下の通り。
※マグナフレックスにはグラスフレックスとカーボンフレックスの2種類があります

マグナフレックス/グラスフレックス
ホライゾンLJ 
ブリゲイド スクイッドAR
ラグナ 

マグナフレックス/カーボンフレックス
レッドフリップ 
レッドフリップ・リアクションテンヤ
ブリゲイドグレイスTRコンセプト
ブリゲイドTRコンセプトショア 
ルナキア
ブリゲイドTRコンセプト ショア
レイズ オルタ 

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウオーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。