ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

淀川現場ナマ情報by小田圭太【週刊ルアーニュース(2/22発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「淀川」!

淀川(よどがわ)ってどんなトコ?

写真は淀川でもかなりの人気スポット、城北ワンド

関西を代表する大規模河川の淀川。ワンドも多く存在し、陸っぱりアングラーで連日賑わうかなりのハイプレリバー。難しい分毎年ナイスバスがあがっており、そのポテンシャルは計り知れない。アクセスもしやすく気軽にバスフィッシングが楽しめるまさに都会のオアシス。

小田圭太(Oda Keita) プロフィール

淀川や神崎川、猪名川、一庫ダムなど、大阪近郊の都市型フィールドをはじめ、各所の野池や琵琶湖、リザーバーなどに荒精通するアングラー。ボートハウス・ラッシュ所属プロガイド。

今週の淀川ナマ情報

こんにちは。日照時間も少しずつ延びており、春の足音が少しずつ聞こえはじめている淀川。

冬場の釣果情報がSNSでも頻繁に見られるため、出動しているアングラーも多く、1つのワンドに10人以上のアングラーが釣りをしている光景が週末には見られますね。

最近の淀川の状況は?

まとまった雨がなく、雪解けの流入も少ないためか、水質はクリア傾向。

そのため、ヒットルアーもナチュラルに誘えるモノに反応があるようです。

水質はかなりクリアなので、水辺に立つ際は、細心の注意を!

オススメのルアーは?

巻き系では、スピナベやチャターよりもナチュラルに横方向で攻めることができるシャッドテールワーム系。

ラバージグに装着するスイミングジグもよいのですが、ロストの危険性が高いため、ウエイテッドフックを使われる方が多いです。

1.8㌘もしくは3.5㌘のウエイテッドフックで、ボトムから1㍍前後をデッドスローで巻くのが基本。

バイトがあったら、そのまま巻き続け、バスがしっかりくわえ込んだことを確認してから、スイープにアワせて、テンションを抜かずに巻き続けるのがキモ。

これでミスフッキングとバラシが格段に減ります。

どんなカラーを使えばイイ?

カラーに関しては、ベイトライクなナチュラルなモノを基準に、朝夕マヅメはラメが入ってフラッシングするモノもグッド。

ボディロールするタイプのシャッドテールワームなら、ツートンカラーをセレクトして、明滅効果を狙ってみるのもオススメです。

次のページでは今週の爆発予想スポットを紹介!

1 / 2
次へ