ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬の琵琶湖のバス釣りで必携のハードルアー「三種の神器」を紹介!寄稿by黒須和義

ハードベイトでは厳しい超クリアでも有効&食わせ力のあるアラバマ系も必携

あとは、これからのシーズン!冬のルアーとしては、定番のアラバマ系リグも必要になります。

アラバマ系はハードベイトでは厳しいくらいのクリアな水でも、バスに違和感なく口を使わせる事が可能です。

また小さいソフトベイトのアクション、振動がシビアな状態のバスに効果的なのは言うまでもありません。

出典:黒須和義Facebook

バイブレ、アラバマ系のヨコの動きに極端に悪い時はメタルバイブでリアクション狙い

そしてバイブレーション・アラバマ系リグの横の動きのルアーアクションに対して、極端に反応が悪い時に活躍してくれるのが、メタルバイブ!

 

グラスレイクで浅い南湖では、普通のメタルジグは使いにくいのでメタルバイブが最適です。

 

適度なバイブレーションや、メタル独特のキラメキ・鋭いアクションが、リアクションバイトを誘発させます。

 

という訳でこの冬の三種の神器となるであろうルアーは、バイブレーション、アラバマ系リグ、メタルバイブ!です。

 

とはいえ、一番重要なのは防寒なので、しっかりと防寒対策をしてウィンターフィッシングを楽しんでくださいね!

それでは、また!

 

2 / 2
前へ