ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

東条湖現場ナマ情報by三原直之【週刊ルアーニュース(9/7発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「東条湖」!

東条湖(とうじょうこ)ってどんなトコ?

ビッグバイトというレンタルボート屋さんアリ

近畿で3番めに古いバスフィッシングの歴史を持つ湖で、大きなサイズの目撃情報も多数。本流から上流までシーズナルに釣りを楽しむことができる。

三原直之(みはら・なおゆき)。東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中

ブログ「三原直之の『エースを目指せ!』」
https://ameblo.jp/bass-thanks9/

ツイッター
https://twitter.com/naoyukimiha

インスタグラム
https://www.instagram.com/miharanaoyuki/

東条湖ビッグバイト
http://www.tojokobigbite.jp/

今週の東条湖ナマ情報

現在の東条湖の水温は27度前後。水位はマイナス6㍍で、桟橋までの階段でいえば50段です。水質は全域に濃い緑のステインのままです。

魚のポジショニングは?

台風がきても、雨が降っても、まだ夏の水温ですが、やっと晩夏に入ったかなという魚のポジショニングです。台風で増水して一時的にシャローのエンドやインレット絡みが強くなりましたが、減水傾向に入った途端、やはりシャローでは釣れにくくなりました。増水前にいたレンジから、増水してもそのレンジに留まって動かなかった魚が落ち着いてきた今に食いだすようになり、本湖のディープが釣れてきました。

松村プロは導水路でナイスフィッシュ!

定番的な所からはじまっていますが、段々畑や水天宮岬など、風や水が通りやすく若干フラットな岬周りがよい感じです。

東条湖のディープはベイトフィッシュに絡むというより、地形ありきのディープなので魚探なしでも十分攻められます。

次のページではオススメの攻め方と今週の爆発予想ルアーを紹介!

1 / 2
次へ