ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スチールミノー57g「全身メタル、泳ぎはミノー」タックルハウスの特殊構造の注目メタルルアーに57gモデルが登場予定

2017年秋に登場して以来、斬新なフォルムや構造、実釣力の高さから人気を集めているソルトのキャスティング用ルアーがあります。

それはあのタックルハウスのソルトウォーター向けブランド「コンタクト」より登場したブツです!その名は…。

スチールミノー【タックルハウス】

スチールミノーは「もっと遠くに」「もっと良い泳ぎを」という開発陣の欲求から生まれたSWキャスティングゲーム用の特殊メタル系ルアー!

そんなスチールミノーですが、ご覧の通り、はっきりいって奇抜なフォルムをしています!

タックルハウス公式スチールミノー詳細はこちら

 

記者自身、構造、そして完成品をはじめてみた時、目が点状態に陥りました。

細身のテッパンバイブ?

ミノー?(でもリップは逆付けだし…)

メタルジグ?

ジグミノー? とどんなルアージャンルにも当てはまらず、戸惑いました。

いやでも、よくよく考えると別にジャンル分けする必要なんてないですもんね!

ただただ開発陣が「もっと遠くに」「もっと良い泳ぎ」を求めるとこうなったということですから!

ちなみにお話を伺うと、もっと遠くに!もっと良い泳ぎという点を突き詰める段階でベースになったのはメタルジグとミノーという2つのジャンルのルアーだったそうです!そして試行錯誤を繰り返し、この構造、形になったそうです!

内部構造は製品版の見ためより、さらに奇抜

なお内部構造は製品版の見ためより、さらに奇抜だったりします。

実は内部構造は下の写真の通りで、メインボディプレートと上向きリップを接続した「クロスロック式貫通プレート」と呼ばれるプレートで構成されているんです!

対象魚はキャスティングゲームで狙える様々なターゲット

対象魚はキャスティングゲームで狙える様々なターゲット! 具体的には堤防から遠投しての青物、サワラ、サゴシ、シーバス、さらにはサーフからのフラットフィッシュなどなど。

出典:タックルハウス公式

スチールミノーのラインナップなんですが…。

2017年秋のデビュー時には青物やサーフで使いやすい41g(105mm)と、31g(95mm)の2タイプが登場。

そして2018年6月には港湾シーバスにも対応してくれる18g(75mm)が登場しました!

Model Type Length Weight Hook Ring Price
CSM41 Sinking 105mm 41g ST46#4 #4 ¥1,500
CSM31 Sinking 95mm 31g ST46#6 #3 ¥1,450
CSM18 Sinking 75mm 18g ST46#10 #3 ¥1,400

スチールミノーの動きに注目

さて、気になるスチールミノーの動きなんですが、百聞は一見にしかず! 水中動画が公開されているので、ぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「TACKLEHOUSE」

タダ巻きすると、ミノーライクなウォブンロールしてくれます!

しかもけっこうな低速から高速域までしっかり動いてくれるのも特長!

あとフリーフォールさせるとスパイラルフォール、テンションフォールさせるとボディロールしながらフォールしてくれたりと、フォールの動きもかなりイケてます。

出典:タックルハウス公式

1 / 2
次へ