ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

イッセイ赤松健が淀川のデカバス追跡法を実演披露【AK◆BOX淀川チャレンジ最新作・第8弾】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

イッセイのAKこと赤松 健さんの動画企画「AK◆BOX」!

この企画は、赤松健さんが釣り場で、どんなことを考え、何を思い、そしてどんな釣りを展開するのか? を追う企画!

そんな「AK◆BOX」の名物シリーズとなっているのが、「AK◆BOX 淀川チャレンジ」。

赤松健(Akamatsu Ken) プロフィール

高校3年生の時に村上晴彦に出会い、村上晴彦の釣りやスタイルに惚れて弟子となる。 琵琶湖、五三川がホームグラウンドで柔軟な発想で楽しく真剣にバスフィッシングと向き合うアングラー。 2018年に師匠と同じisseiに入社。自身がプロデュースするルアーも輩出中。 1985年生まれ、滋賀県出身、滋賀県在住。大の生き物好き。

関西屈指のメジャーかつ難しい河川といわれる「淀川・よどがわ」を舞台に赤松さんが本気で淀川のデカバスの姿を追うシリーズとなっています!

そんな「AK◆BOX 淀川チャレンジ」の最新作が公開となりました!

【バス釣り】淀川チャレンジ#8| ”確信”の場所「絶対バスはここに来る。」【冬-春の挑戦】

出典:YouTubeチャンネル「 issei一誠」

今回の「「AK◆BOX淀川チャレンジ#8」のロケが行われたのは、2022年3月という早春のタイミング!
赤松さんは12月に行った淀川チェックの結果を踏まえて、今回の3月ロケに狙うべきエリアを絞り込んでいました!

そのエリアというのは、流れがアタリ、流れのヨレが多く発生するエリア!
時期的には早春とやや早いとは分かっているものの、ベイトの量が圧倒的に多いエリアにバスは確実にいる! と確信し狙いを絞ったのでした!

そんなエリアの中で、時間とともに目まぐるしく変化する状況に対応するべく、狙うべきスポットやアプローチ法をアジャストしながら、淀川バスを追い詰めていったのでした!

 

赤松さんが今回のロケでローテしたメインルアーはこちら

最終的に赤松さんは早春の淀川バスを仕留めることができたのか?
どんな展開になったのか? ぜひ動画をチェックしてみてくださいね!→https://www.youtube.com/watch?v=has5laf-r2U