ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【荷物の多い釣りや保管用に】シリーズ最大の収納力と多彩なオプションパーツに対応!明邦化学工業の鬼定番BOX「バケットマウスBM-9000」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ボートや沖堤防からの釣り、もしくはタックルの保管時など。

あると何かと便利な大容量のタックルボックス。バスボートやレンタルボートにオフショアゲーム、そして波止や沖堤防からのルアーゲームなど…。歩き回ることの少ない釣りの場合は特に収納力を優先したいトコロ。今回はそんな釣りでオススメな超定番アイテムを紹介したいと思います。

 

バケットマウス BM-9000【明邦化学工業】

今回紹介するアイテムは記者も日頃から愛用している明邦化学工業の「バケットマウス BM-9000」というタックルボックス。普段から使用しているという方も居れば、ショップで何度も見かけるが、使ったことが無いという方も多いのではないでしょうか?

サイズ 素材 重量 備考 税込価格
540×340×350mm 耐衝撃性コーポリマー 3,600g 耐荷重:516kgf
ハンドル引張強度:179kgf
容量:35ℓ
¥7,700

明邦化学工業公式「バケットマウス BM-9000」詳細ページはこちら

 

 

こちらのアイテムの最大の特長は沢山の釣具を収納することができて、オプションパーツという別売りのアイテムをセットすることで、さらに使いやすく自分好みにカスタムできるというトコロ! バケットマウスシリーズには他にもサイズ違いの「バケットマウス BM-5000」、「バケットマウス BM-7000」がラインナップされていますが、今回紹介している「バケットマウス BM-9000」はシリーズ最大モデル! 容量35Lで最も収納力に優れたタイプになります。

 

記者が使っている理由も、陸っぱりのランガンスタイル用にランガンシステムボックス「VS-7070N」という、コンパクトな別のボックスを使っているので、どうせなら大容量の物がイイと思い、「バケットマウス BM-9000」を選びました。ですので、コチラのアイテムは陸っぱりのランガン向けというよりは、ボートからのバスフィッシングであったり、オフショアゲーム、波止からのルアーゲームといった、比較的歩きまわらない釣りで重宝されています。また、釣り具の保管用としても活躍。

 

「バケットマウス BM-9000」の3つのメリット

バケットマウス BM-9000」の全体的な用途や特長についてお分かりいただけたと思いますので、これからは本体に備わった便利機能を順番に紹介していきたいと思います。

 

一発開閉バックル

ボックスの開け閉めを快適にする「一発開閉バックル」を搭載。

片手でラクに開閉できるので荷物の出し入れもスムーズ! そして90°ストッパーも標準装備で蓋が不意に閉じたりすることもありません。また裏側にもバックルが装備されているため両方からの開け閉めが可能に。

 

また、フタも頑丈な作りをしていて座ることもできたり、時には踏み台としても活用できます(耐荷重:516kgf)。

 

広い収納スペース&ホルダー付き中皿が標準装備

ボックスを開けると広い収納スペースと小物類やワームやフックケースなどの収納に最適なホルダー付き中皿が標準装備となっています。下段の収納スペースと中皿を上手く使い分けることで、広々と快適に荷物の収納が行えます。

 

数々のオプションパーツを装備可能! 多目的ホルダーが標準装備

ボックスの両側面には様々なオプションパーツの装着を可能とする「多目的ホルダー」が標準装備となっています!

 

記者自身の活用術

では! 最後に、記者なりの方法ではありますが「バケットマウス BM-9000」の活用術を少し紹介。先日、沖堤防へショアジギングとアジング、そしてロックフィッシュなども狙ってきましたので、その時の写真を例に紹介していきたいと思います。他の釣りでも役立つと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

収納編

寒暖差の激しい日でもあったので、防寒ウエアとレインウエアを下段に。他には財布やティッシュにワームなども入れています。下段には沢山の荷物を収納することができますので、服や小さなバッグにポーチ、そして今の季節ならカイロや食べ物なども仕舞ったりなんてことも。

 

そして、ホルダー付き中皿には使用頻度の多いルアーケースやフックケース、アシストフックにショックリーダー。また、魚が釣れた時用のナイフやヘッドライトなどを収納。中皿にも結構な荷物が入るので超便利! 基本的に服や財布にティッシュなど。釣りの最中にあまり出番がない物を下段に仕舞っておき、出し入れを頻繁に行う釣具を中皿に収納しておくイメージ!

 

オプション―パーツ編

では、続いてその釣行で持って行ったオプションパーツが以下の通り!

 

右側にあるのは「ハードドリンクホルダーBM」と夜釣りでボックスの中を明るく照らしてくれる「バケットマウスライト」。

 

左側はこんな感じ! ロッドを立てているのは「ロッドスタンド BM-300 Light」と「ロッドスタンド BM-250 Light」。そして、「ロッドスタンド BM-300 Light」にオプションパーツをセットするためのパーツ「マルチホルダー BM-30」を装着し、そこへショックリーダーを挟み込んでいる「マルチクリップBM-L」と、ジグやプラグにプライヤーなどの小物類を収納できる「ルアーホルダーBM」を装着。色々オプションパーツを述べましたが、個人的に「バケットマウス BM-9000」を使う上で持っていると便利なアイテム。それぞれのアイテムを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

 

オプションパーツ紹介記事

ロッドスタンドシリーズ紹介記事

【取り付け簡単】工具やネジ止め不要!明邦化学工業の「ロッドスタンドLightシリーズ」は快適で便利!

 

マルチホルダーシリーズ紹介記事

【収納パターンがさらに拡大】オプションパーツに装着できるオプショパーツ!明邦化学工業の「マルチホルダー BM」が便利すぎる!

 

マルチクリップBM-L紹介記事

【少しロッドを立て掛けたい時に】船べりのロッドホルダーやパイプにも装着できる優れモノ!明邦化学工業「マルチクリップBM-L」

 

ルアーホルダーBM紹介記事

【ルアーを仮置きできるケース】取り付け簡単で必要な時に素早く取り出せる!明邦化学工業「ルアーホルダーBM」の色々な使い方

 

以上が、「バケットマウス BM-9000」の紹介になります。荷物の多い釣りはモチロン、オフシーズンのタックル整理用としてもぜひ、活用してみてはいかがでしょうか?

 

「バケットマウス BM-9000」の解説動画もぜひ参考に!

出典:YouTubeチャンネル「明邦化学工業MEIHO」

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!