ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【少しロッドを立て掛けたい時に】船べりのロッドホルダーやパイプにも装着できる優れモノ!明邦化学工業「マルチクリップBM-L」

少しロッドを立て掛けたい。

釣りをしているとありますよね。ロッドスタンドに置くほどでもないけど、少しロッドを仮置きしたい時。例えば、ルアー交換時や軽くコーヒーやお茶を飲む時、また魚が釣れた時など…。少しだけなら大丈夫だと思って、壁や足元にソッと置いたトコロで、やはりリールやロッドにキズが付いてしまわないかと心配に…。

そんな時、「ロッドスタンドより素早くロッドが置ける」アイテムがあれば便利だと思いませんか?

さて、今回はこちらのアイテムを紹介していきます。

 

マルチクリップBM-L【明邦化学工業】

エサ釣りの方からの要望で商品化された「マルチクリップBM-L」。

ただ、ルアーフィッシングでもカナリ需要があるということで、注目されているアイテム。「マルチホルダー(BM-25/BM-30)」に装着することで、簡単にロッドスタンドに早変わりさせることができる優れモノ。

サイズ 素材 備考 税込価格
70×150×83mm 本体:ポリプロピレン HG ¥770

明邦化学工業公式「マルチクリップBM-L」詳細ページはこちら

 

形状もコンパクトで邪魔にならないため、使いたい時に取り出せばOK! ガイドにラインを通す時やリグやルアー交換時に重宝するアイテム。

価格も¥770(税込)でそこまで高くなく、仮に「マルチホルダー(BM-25/BM-30)」を持っていないとしても、例えば車や釣り場のフェンスへ装着したり…。使うと思った以上に出番が多くて、最近では何気にボックスの中へ忍ばせているアイテムです。

 

実際にロッドを立て掛けるとこんな感じ

 

オフショアの釣りでも大活躍!

また、ランガンシステムボックスやバケットマウスを持っていない方でも、オフショアの釣りをされている方なら、持っていると出番が多いと思いますよ。

というのも、「マルチクリップBM-L」は、船べりのロッドホルダーやパイプに取り付けることで、竿掛けや洗濯バサミのようにロッドを挟むこむような使い方もできます! 船べりや手すりにも直接触れないのでキズ防止にも繋がりますね。

以下の写真の右側のように「ルアーホルダーBM」を一緒に掛けると、ルアーローテがスムーズになったりポイント到着後にスグに釣りも開始できそう。

 

ショア・オフショア問わず持っていると何かと便利な「マルチクリップBM-L」。参考にしてみては?

 

関連記事もぜひチェック!

【収納パターンがさらに拡大】オプションパーツに装着できるオプショパーツ!明邦化学工業の「マルチホルダー BM」が便利すぎる!

【持っているとメチャ便利】使い方もイロイロ!ジグやプラグをセットした状態で収納できる明邦化学工業の「ルアーホルダーBM」に注目!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!