ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ブッ飛び仕様】35mmのコンパクトボディにマグネット式重心移動を搭載!アクアウェーブの最新メバルプラグ「ミノーマジック」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

水温が下がり、メバリングの楽しい季節となりました。

ジグヘッドを使ったワームの釣りも有効ですが、近年の流行はプラッギング。スローに漂わせたりグリグリ巻いたり。広範囲を広く探りたい時は特に活躍するイメージ。

今となっては多くのメバルプラグが存在しますが、何を選ぶにしても重要となるのが「飛距離」、「泳ぎ」、「アピール力」、「レンジコントロール性」といったトコロでしょうか? さて、今回紹介するのは例に挙げた4つの条件を満たしているアクアウェーブの新作メバルプラグ。選ぶ時の参考にしてみては?

 

ミノーマジック【アクアウェーブ】

発売中

全長35mmでシンキングとフローティングの2タイプが揃う新作メバルプラグ「ミノーマジック」。状況に応じて2タイプを使い分けることができ、小粒ながらも優れた飛距離を武器に広いエリアをスピーディーに攻略してくれるルアーに仕上がっています。

Type 【Floating】 : 35mm / 2.6g / ¥1,320(税込)
Type【Sinking】 : 35mm / 2.8g / ¥1,320(税込)

アクアウェーブ公式「ミノーマジック」詳細ページはこちら

 

実物はこんな感じ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

35mmのコンパクトボディながら飛距離バツグン

さて、新登場した「ミノーマジック」ですが、最大の特長は高いキャスタビリティを有していてアピール力にも優れているトコロ! まず、飛距離に関してですが、ボディ内部にマグネット式重心移動システムが採用され、飛行姿勢が良いと共に遠くへブッ飛んでくれる仕様に。また、泳ぎ出しもカナリ早いので、着水からリトリーブし始めた瞬間からメバルを誘ってくれますよ!

 

アクションに関してはロール寄りのウォブンロールアクションを演出し、潮流の中でも優れた直進安定性を発揮。泳ぎがブレることなくシッカリ安定した姿勢で泳いでくれますよ。

 

2タイプの基本的な使い分け

2タイプの使い分けに関してですが、基本はフローティングモデルを軸にしていただき、タダ巻きはモチロン、水面に浮かせた状態のドリフトで誘うと有効。活性の高い時は特に重宝します。ただ、フローティングモデルを使っていて、風でルアーが流されたり足場が高くて操作がやりづらいと感じた時など…、そういったシチュエーションで効果を発揮するのがシンキングモデル。レンジキープ力に優れていてルアーを沈めることができるので、前途した状況で使用する時や、そもそもメバルの居るレンジが水面直下より下というような状況で活躍します。

 

カラーバリエーション

カラーは全部で8色展開。

ベイトフィッシュパターンやプランクトンパターンなど、幅広い状況で使えそうなカラーが勢揃い! では、各カラーそれぞれを紹介していきますね。

 

 

#A39A 小鰯/グローベリー

 

#A42 シラウオ

 

#A58 C.レッドヘッド

 

#A68 シグナル

 

#A87 ミミイカ

 

#A92 イザヨイ

 

#A116 C.オレンジタイガー

 

#A117 C.ピーチタイガー

 

既に発売中でメバリングのハイシーズンでもあるので、スグに試すことができる「ミノーマジック」。ぜひ近くのフィールドで投げてみてくださいね。

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!