ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ターゲットはツツイカ】寒い夜を熱くする「ライトエギング」のいろは

最近、SNS開くと目にしませんか? あっちで釣れた、こっちで釣れたと。

何がって、「ツツイカ」が。

ヤリイカやヒイカなどの総称がツツイカなんですが、極々小さいエギでショアからツツイカを狙うライトエギングが各地で盛り上がってる感じ。

 

ツツイカ狙いのライトエギング

気になるのはその釣り方。

アオリイカのエギングと何が違うの? ボトムは取るの? そして、アクションは?

悩めるエギンガーにズバッと回答、ヤマシタ公式HP内「釣りサポ」にこんな内容がアップされています。

出典:ヤマシタ公式HP

 

2つの釣り方を詳しく紹介

ここで紹介されているのは大きく分けて2つの釣り方・基本操作。

投げてツツイカがいるレンジを探っていく釣り方と、足元を狙う釣り方。

それぞれの注意点やポイントがわかりやすく紹介。「そうそうそう…」な内容から、「なるほど!」な内容まで、ビギナーからベテランまでわかりやすくまとめられています。

釣り方としては広く、そしてしっかり足元まで探るという印象。ターゲットのツツイカは群れでいることが多く、イカの群れがどこにいるかをイメージして釣っていくことがポイント。要はレンジが重要だということですね。

レンジを探る…で言えば、アジングのような繊細さがあり、バーチカルでラインに出るわずかなアタリを掛けていく…で言えば、イカメタルのようなおもしろさもある。詳しい釣り方はコチラを参照。

 

エギは?仕掛けは?

続いては使用するエギ、そして仕掛けについて。

エギはライトエギング専用のエギを使用

ヤマシタ公式「ナオリー レンジハンター ベーシック」詳細ページはこちら

釣りサポ内で紹介されているエギは、中層をテンポ良く探れる「ナオリー レンジハンター ベーシック」

ちなみに、ナオリーシリーズのエギはこの「レンジハンターシリーズ」と、コチラも合わせて紹介されている、レンジハンターより一回り小さい1.3号・1.0号というラインナップが特長的な「サイトハンター」の2種がラインナップ。また「レンジハンター」シリーズには、ベーシックに加え、シャロー、ディープ、ベーシックシャローの計4種がラインナップされているという充実ぶり。

レンジを探ることが重要であるとは前述の通りですが、ラインナップもそれに合わせた内容となっています。

 

効率良くイカをキャッチする「アシストリグ」

続いては仕掛けについて。

アオリイカ同様に、エギ単体をキャストするのが一般的…ではあるのですが、個人的に一番大きくアオリイカエギングと異なると感じるのは、仕掛けを選べるというメリットがあることかと。

「どんな仕掛けを使うのか」「どんなメリットがあるのか」は、合わせて公開された釣りサポにその答えが。

出典:ヤマシタ公式HP

エギの上に枝スを出して、スッテなどのドロッパーをセットするアシストリグ。

そのメリットは、単純に1キャストで2ハイのイカが狙える効率の良さ、そしてエギとドロッパーを付けることによるアピール力の向上、アタリカラーを効率よく探せる、アタリサイズを探せる…など、枚挙にいとまがないとか。 さらに詳しい解説はコチラを参照。

 

季節のツツイカを狙ってみては

これからが旬!なエリアも多いライトエギングですが、その実、ツツイカがいれば季節問わず狙ってみる価値はあり。

そして、重要なツツイカが釣れている・釣れていないをチェックするにはこんなSNSもあるわけで。

【登録者は17万人】全エギンガーの強すぎる味方!無料で登録できるヤマシタのエギング専用SNS「エギCOM」/新規入会キャンペーン開催中

新規入会キャンペーンこそ、終了していますが…その情報量は圧巻の一言。ホント便利な世の中になりました。

というわけで、ゲーム性は抜群!釣って楽しい、食べておいしいツツイカ狙いのライトエギング。気になる方はぜひ。

 

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。