ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣りの楽しさを思い出させてくれる一本 天龍のバスロッド「スピードスティック」

釣りをするうえでの楽しさ、それはもちろん魚を釣り上げたとき。

しかし、釣りがなぜこうも多くの人を惹きつけているかと聞かれれば、魚を釣り上げる以外の楽しみがあるから。

出典:天龍スタッフブログ詳細ページ

仮に釣れなかったとしても、ロッドを振っているだけで、ルアーを操作しているだけでも十分に楽しむことができる、釣りにはそういった魅力も含まれています。

今回紹介するロッドは、そんな釣りを楽しむことに重きを置いた、天龍のバスロッド「スピードスティック」

 

出典:天龍公式YouTubeチャンネル「 TENRYU CO.,LTD」詳細ページ

以前の記事でも紹介しましたが、スピードスティックはバスフィッシング黎明期を飾った名ロッドシリーズ。

しかし、既に手に入らない素材も多く、現代の技術でもオリジナルと全く同じテイストに仕上げることは不可能。

現代版スピードスティックはオリジナルのテイストを残しながらも、そこに現代の技術を融合させることで、また少し違った楽しみ方ができるようバスロッドに仕上げられています。

 

スピードスティックの開発秘話などはこちら

「スピードスティック」プロジェクト、その経緯と想い【特別寄稿by天龍・舟木雄一】

現代のバスフィッシングにはないアクション性能

従来、ロッドというのは振った時にどうしても震えるもの。

しかし、オリジナルのスピードスティックはグラス100%のロッドではありましたが、振って止めたときのティップの収束は早く、モチッとしているのにピタッとするような不思議な感覚を味合わせてくれるロッドだったそうです。

 

現代版のスピードスティックはグラスでなく、超低弾性カーボンを使用し当時のテイストを別素材で再現。

オールドのタックルの雰囲気を味わいながらも、ルアーフィッシングが楽しめるロッドとなっています。

 

当時のスピードスティックを知らない人でも楽しめる現代版のスピードスティック

オリジナルを知る人はもちろんですが、当時のモデルを知らない世代の方でも楽しめるように仕上がっています。

というのも今のバスロッドにはないテイスト・アクションになっているので、ある意味で新鮮な要素が凝縮されています。

最新技術・素材を詰め込んだ現代のバスロッドとは少し違う、投げていて楽しい、魚を掛けて楽しい、釣り本来の楽しさを思い出させてくれるロッドに仕上がっています。

休みの日に何も考えず、物思いに耽りながら釣りを楽しみたい、そんな方にも是非手に取ってもらいたいロッドになっています。

スペックの詳細などはこちらの記事をチェック

「故きを温ね新しきを知る」バスロッド!天龍のスピードスティック

 

“古き良きを知る”ことができるバスロッド、スピードスティック

高性能・高品質のものがあふれている今の社会。

極論を言ってしまえば、お金を出してしまえばいいものが買えてしまいます。

しかし、スピードスティックは釣りを楽しむうえで大事なものを思い出させてくれる、そんなロッドとなっています。

古き良きを知る、そんな言葉がふさわしいロッド、それがスピードスティックです。

天龍公式スピードスティック詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。