ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スピードに対しスライド】獲り切れなかった魚を獲る!電動ジギング専用ジグ「EJスライド」登場

新製品総力特集2022

電動ジギング。

それは、電動リールを使う「第3のジギング」とも呼ばれ、手巻きには追いつけないスピード、正確な再現性、釣り人を疲労させない巻き上げパワーで、これまで獲れなかった魚が獲れる、新しいオフショアジギングの切り口。

リールやロッドといった専用タックルが出てくる中で「EJスピード」という電動ジギング専用のジグが登場。それではすべての状況に対応しきれない…というわけで、新しいジグ「EJスライド」が次いで登場。

 

EJスライド

2021年11月登場予定

シマノ公式「EJスライド」詳細ページはこちら

 

2本でいかなる状況もカバー

電動ジギングで青物を狙う上で、抜けの良い「EJスピード」だけでは全ての状況に対応することはできませんでした。このEJスライドはEJスピードとは異なるコンセプトで、この2本があれば電動ジギングのいかなる状況もカバーできるように開発。

クイックジャークでショートスライドさせ細かく誘ったり、スローなロングジャークでリアバランスを活かしたロングスライドも効果的。 基本的なリール設定は表示速度18〜22前後でのワンピッチジャークが扱いやすいとのこと。

 

松岡 豪之のインプレッション

オシアEJスライドは、水の掴みがよい、比較的オーソドックスなタイプのジグです。長さ、幅、重さのバランスがとてもよいのが特長で、スライド、ヒラ打ちなどの動きもとても魅力的。底物から真鯛、青物、マグロ類まで、どんなターゲットにも効果的な優秀なジグです。ハイピッチ、ショートピッチでの使用に適していて、誰でも使いやすいジグだと思います。フックもあらかじめ付いています。パッケージから出してすぐに使えるところもいいですよね。

EJスライドがリリースされたことで、オシアの電動ジギング用ジグはEJスピードとEJスライド、2種類になりました。これでほとんどの電動ジギングシーンに対応できると思います。2つのジグをシルエットの違いで使い分けるのもよいですが、使用するスピードを基準に使い分けると分かりやすいと思います。EJスピードは水抜けがとてもよく、高速リーリングにも対応。しっかりアクションしてくれます。対してEJスライドは水をよく噛むタイプなので、中速から低速で使いやすいジグです。基本的には高速で探りたいときはEJスピード、中速以下で釣りたいときはEJスライドを使う、というイメージでいいと思います。

EJスライドを使用するスピードの目安としては、ビーストマスター EJシリーズの数値を例にすると14~22くらいがおすすめです。ただ、こうしたセオリーだけに捉われ過ぎず、いろいろなスピードで使ってみると面白いと思います。EJスピードを超高速で引いてきてピタッと止める、そんなコンビネーション的な使い方なども効果的だと思いますよ。

出典:シマノ公式HP

スペック&カラーラインナップ

カラー 全長(mm) 重量(g) 本体価格(円)
全6色 129 150 1,800円
全6色 145 200 2,100円
全6色 153 250 2,400円
全6色 163 300 2,700円

150g、200g:オリジナルアシストフック #7/0 250g、300g:オリジナルアシストフック #9/0

 

カラーラインナップ

 

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。