ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アジング】超簡単な自作テンビン!作成レシピを佐々木俊に聞いた

先日、エコギア・プロスタッフの佐々木俊さんとボートアジングへ。

この模様は近日、実釣ムービーでもご紹介しますのでお楽しみに!

でっかいの釣れたなぁ~~。

佐々木俊の簡単自作テンビン

さて、バーチカルコンタクト、いわゆる〝バチコン〟をナイトゲームで楽しんだわけですが、バチコンのリグといえばキャロや逆ダンなどあるのですが、今回佐々木さんが用いたのは遊動テンビン式のリグ。

これを自作して実釣してくれたワケなのですが、作り方も超カンタン!

ぜひぜひ皆様にも作っていただければと思いまして、ご紹介します。

レシピ

用意するものは…

①中通し硬質パイプ1mm径
②ローリングサルカン付きスナップ
③ソフトビーズ(夜光・5号サイズ)

作り方は…

①1mm径の硬質パイプを15cmほどにカット

 

②ソフトビーズをパイプに通す。真ん中から少しズラして装着。短い側は道糸側、長い方はジグヘッド側となります

 

③短い側(道糸側)から、サルカン(スイベル)の穴をパイプに通す
※ちなみに上の写真では10号サイズとなっていますが、8号くらいが丁度よいそうです

 

④抜け防止のために、パイプの両端を軽くライターなどであぶって完成!

 

遊動式で、アジがワームをくわえた時に違和感を与えにくいのはもちろん、リーダーがメインラインに絡むこともないトラブルレスなリグなので、バチコンエントリーにも使いやすいと思いますよ!

佐々木 俊(Shun Sasaki) プロフィール

ロックフィッシュ激戦区である東北で数々のトーナメントで優勝、上位入賞を果たしている若手注目株。状況に応じた変幻自在な対応で、地磯、堤防、パワーゲームからフィネスゲームまで柔軟にこなすロックフィッシャー。