ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タイトな動きでアピール力抜群】障害物を絡めたアプローチで良型連発!水野浩聡によるジャッカル「ソウルフラット」を駆使した釣行レポート

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは!

いよいよ11月に突入。今年も後2ヶ月というところまでやってきました。

流石に最近は朝晩が冷える日も多くなってきましたが、日中の気温はカナリ安定していて、まだまだ暑く感じる日も少なくありません。当然、魚のポジションも若干の移行や活性の高低はありながらも、数も狙えば結構釣れるし、シャローにも多くの魚が残っているのが現状です。

 

水質はクリア! タイトな動きでバスの目の前をシッカリ通せるルアー選びを

さて! 今週は地元岐阜県の大河川、「長良川」で陸っぱりを楽しんできました。長良川は毎年この時期になると、巻きモノの釣りでコンスタントにキャッチでき、適材適所で投入すると良い個体にも出会えます。

僕が行ったタイミングでは、いつもの長良川を象徴する比較的クリア目な水質。そこで巻きモノを使うとなると、アクションがタイトめなものが理想。ジャークベイトやプロップベイト、そしてシャッドなどがこの水質にマッチしたルアーとして真っ先に挙げられます。

ただ。今回は浅いフラット地形を巻くのではなく、水深変化が見られる場所に沈んでいる消波ブロックに付いているバスや、そこを回遊するバスを釣りたかったので、釣り人側からストラクチャーに当て込んでいけて、寒暖差のあるこの時期でもバスの目線の方にルアーを送り込んでいってあげれるシャッドをセレクト。

さらに大河川攻略ということで、ある程度ルアーのアピール力も必要だったので、フラットサイドで強い水押しとフラッシングが期待できる、「ソウルフラット」で釣り歩いていくことにしました。

Name Length Weight Type Hook Size Price
SOUL FLAT 58SF 58mm 6.8g Slow Floating RB-M #8 ¥1,771

ジャッカル公式「ソウルフラット」詳細ページはこちら

 

 

今回の使用タックルは以下の通りになります。

 

タックルデータ

ロッド:ポイズンアドレナ(166ML-2)【シマノ/ジャッカル】

リール:SLX DC 70HG【シマノ】

ライン:レッドスプール(12Lb)【ジャッカル】

 

上記のタックルは「ソウルフラット」が気持ち良く飛び、気持ち良く巻いてこれるベストセッティング。

沈んでいる消波ブロックに当てながら巻き、リップがブロックに当たったら止めて、少し浮かせてまた巻き始めるといった具合に、スローフローティングモデルの「ソウルフラット」の特長を最大限に利用した攻め方で巻くと次々にバスがバイト。

 

風が吹いてからも、本来のシャッドだとアピールが弱いかな? と感じられる条件であっても、シッカリ魚からの反応が得られ、フラットサイドであることのメリットも感じることができました。

まだまだ水温が高いことでアベレージサイズも多く、風が吹いたタイミングなどはクランクでも釣れたかもな…という場面もありましたが、これからもう一段階二段階と水温が下がってくると、水中のプランクトンの量も減少、水質もクリアアップ。

そんな環境ではバスも強いアクションのルアーには反応しにくいことも多いです。なので、むしろこれからがシャッドの本番とも呼べる時期に差し掛かってきますので、ボチボチこういった晩秋から冬にかけてのルアー補充もするようにしましょう!

 

一雨ごとに寒くなる季節です。そして、放射冷却で朝晩はカナリ冷え込んでくる季節。ジャッカルには、「ソウルフラット」以外にも、厳寒期の定番「ソウルシャッド」や、濁りに強く沈み物を当てながら釣っていく「Dビルシャッド」などもあるので、冬にかけてはこれらのシャッド達をローテーションして釣っていくと、様々な状況に対応でき、取りこぼしの少ない精度の高いシャッドゲームが展開できそうです。

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい