ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬のディープ攻略にぜひ】サンライン「バス用フロロカーボンライン」全4種をまとめて紹介

高感度で低伸度。

これから迎える「冬の釣り」ではマストアイテムとなるフロロカーボンライン。比重も他のラインに比べると重いので、ディープの釣りにもベスト。

シャローカバーに残っている体力のあるデカバスの強い引きに対しても、耐摩耗性と引張強度に優れるフロロカーボンラインをリールに巻いていると安心ですよね。

さて、フロロカーボンラインもアイテムによってタイプは色々。今回はサンラインのフロロカーボンライン「シューター」シリーズ4種の特長をまとめてみました。

 

シューター

サンライン公式「シューター」詳細ページはこちら

 

「勝つために。」が、コンセプトのトーナメント専用ライン。

日米のトッププロが要求する”超高感度性””強靭性””耐久性”をポンド別にハイレベルに追求した結果、超低伸度という特性をベースに「フィネススペシャル」「マリオネットスペシャル」「パワースペシャル」という3つのタイプにカテゴライズ。

lb数によって特性を変えていることで、カバー撃ち・ライトリグなどしたい釣りに合わせたラインセレクトが可能。

また特殊なコーティングが施されていて「ラインの表面をクリアカラーで塗装を掛けている」ようなイメージのこのラインは「硬さと伸びの少なさを高次元で実現、特に沈下スピードが早い」というのも特筆すべき点。

 

カバースキャットには「シューター」一択?冨本タケルさんのシューターの使い方

冨本タケルの底力。カバースキャットのノーシンカーがなぜこんなに釣れるのかを紐解く

 

フィネススペシャル(3lb~9lb)

細いポンド数のラインに求めたのはライトリグの操作性向上。ベイトフィネスにも最適な直進性・高強度・粘り感が最大の特長。ライトラインでの攻略範囲をさらに拡大されます。(50mマーキング入り)

規格 LB 3 3.5 4 5 6 7 8 9
110yds. (100m)
単品
参考号柄 0.8 0.9 1 1.25 1.5 1.75 2 2.25

 

マリオネットスペシャル(10lb~20lb)

10lb~20lbという太さは、テキサスリグやラバージグなどの釣りに最適な高感度設計。

規格 LB 10 12 14 16 18 20
165yds. (150m)
単品
参考号柄 2.5 3 3.5 4 4.5 5

 

パワースペシャル(22lb~30lb)

22lb以上という太いラインナップは対ヘビーカバースペシャルとして、高強度・耐摩耗性・直進性に特化した仕様に。

規格 LB 22 25 30
110yds. (100m)
単品
参考号柄 6 7 8

 

シューター・FCスナイパー

サンライン公式「シューター・FCスナイパー」詳細ページはこちら

 

どんな釣りにも対応する世界基準のバーサタイルライン

続いては清水盛三プロがプロデュースしたことでも有名な「シューター・FCスナイパー」。特長は絶妙にしなやかな糸質ながら、耐摩耗性は高く、さらに高感度という点。一見すると相反するような性質ですが、ベイト・スピニング問わず、またプラグやワーミングなどどんな釣りにも対応。タックル1本でいろいろ使いまわしたいオカッパリでも人気のライン。

規格 LB 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 18 20
110yds.(100m)単品 dia.(mm) 0.115 0.128 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.365 0.38
規格 LB 25 30
66yds.(60m)単品 dia.(mm) 0.415 0.445
規格 LB 3 4 5 6 7 8 10 12 14 16 18 20
330yds.(300m)
単品
dia.(mm) 0.160 0.180 0.200 0.225 0.245 0.265 0.290 0.310 0.330 0.350 0.365 0.380

 

シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA

サンライン公式「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」詳細ページはこちら

 

アタリやラインの軌道が見える

下野正希プロが4年という長い歳月を掛けてプロデュース。前作の「FC スナイパー BMS」に改良を加え、さらに進化させたフロロカーボンライン。最大の特長はもちろん、感性工学に基づいて選別・配色されたカラーがラインについていること。ラインに出る繊細なアタリやルアーの軌道を目で確認でき、特にシビアな状況でも効果的だと言われるライン。

規格 LB 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 20
82.5yds.
(75m)単品
dia.(mm) 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.38
規格 LB 3 4 5 6 7 8 10 12 14 16 20
330yds.
(300m)単品
dia.(mm) 0.160 0.180 0.200 0.225 0.245 0.265 0.290 0.310 0.330 0.350 0.380

 

シューター・FCスナイパー インビジブル

サンライン公式「シューター・FCスナイパー インビジブル」詳細ページはこちら

 

存在感ゼロのストラクチャーカラー

見える「AZAYAKA」に対し、庄司潤プロがプロデュースしたのは見えない「インビジブル」。

魚に与えるプレッシャーを最大限排除すべく開発されたラインで、ストラクチャーカラー(ウィード、岩、木など)を意識したラインカラーセレクトが最大の特長。特に琵琶湖をホームとする庄司プロのこだわりで、琵琶湖に生えるウィードのカラーになっているという。

汎用性が高いのもこのラインの特長で、庄司プロはパンチングをはじめ、テキサス、ヘビキャロ、スピナーベイト、チャターベイト、クランクベイトなど、ほとんどの釣りをこのラインでこなしているんだそう。

規格 LB 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 20
82.5yds.(75m)単品 dia.(mm) 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.38

 

汎用性の高さor専門性の高さ、感度の良さorしなやかさ、見えるor見えない…など、ラインを選ぶ基準はさまざま。

大事なのは「自分の釣りに合っているラインを選べているかどうか」ということ。

 

以下の記事も参考に!

釣果はラインで劇的に変わる。琵琶湖プロガイド「冨本タケル」流ラインの適材適所

【0.5lb.刻みの奥深き世界】JB TOP50高山陽太郎の釣果に直結するラインセレクトあれこれ

 

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!