ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【一段下を攻略】シーバス・青物・フラットフィッシュに人気「カゲロウ」のミッドダイバーモデル「KAGELOU MD 125F」登場迫る

シーバス、青物、フラットフィッシュ…。

良いシーズンになってきましたねぇ。

いよいよ10月。といえば、あのルアーもいよいよ登場間近。

【青物にもバツグンの実績】久保田剛之プロデュース!メガバスの名作プラグ「カゲロウ」シリーズ

久保田 剛之(Kubota Yoshiyuki) プロフィール

ランカーハンターの異名を持ち、国内屈指のシーバス激戦区・湘南〜西湘エリアをホームに、日々スキルを磨き続ける。サーフや磯ヒラなども楽しむマルチアングラーの一面も。

そのルアーは「カゲロウ」

現在オリジナルの124F、ダウンサイズモデルの100F、シリーズ最大サイズとなる155Fの3サイズがラインナップされているんですが…新たにレンジの幅を広げるMDが登場。

 

KAGELOU MD 125F

2021年10月下旬頃登場予定

Length:125mm Weight:21g Type:Floating Depth : Max 0.8m Hook : #4×3 メーカー希望小売価格:2300 円 (税別)

メガバス公式「KAGELOU MD 125F」詳細ページはこちら

 

一段下を攻められるカゲロウ

オリジナルと1mmしか違わないサイズ感で、その潜行深度はMAX0.8m。0m~0.2mの潜行深度のオリジナルに比べると結構潜る。

これが絶妙なフィーディングレンジを捉え、表層で群れるイワシやイナッコなどの一段下のレンジを攻略できるという。

また、強化したダイビング・スタビリティによって、荒れた波風や潮流による水面からの飛び出しを完全に抑えるとともに、ボディ内部の長い距離を移動する「LBOⅡ」によって、超長距離飛行を実現。磯場やサーフなどラフな環境や、向かい風の中のシビアなゲームにも対応。シーバスをはじめ、ヒラスズキ、青物、フラットフィッシュなどタフなフィッシュイーターにアピール。

 

久保田さんご本人による解説はメガバス公式「FRESH VOICE」でチェック!

KAGELOU MD 125F その1

KAGELOU MD125Fその2

 

カラーラインナップ

その美しいカラーラインナップはいわずもがな。頭文字のアルファベットに注目しつつ、全15色をイッキにチェック。

「GG」「GP」「SF」「PM」…メガバスルアーのカラー名に付けられた頭文字の意味

GG IWASHI

GG BORA

GG MAT CH INAKKO

GG NIGHT LIGHT IWASHI

GG AKAKIN SPARKLE

GG KIN BORA

GG CHART BACK RAINBOW

OBORO AYU

GLX IWASHI

SKELETON CHART II

GP YELLOW VENUS

PM CHART BACK

PM SENSING RED HEAD

DO CHART

WAGIN MAT OCHI AYU (初回限定)

 

あのカゲロウシリーズのミッドダイブモデル。…これは人気出そうな予感?!見かけた際はお早めに。

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。