ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【もうひとつのギルパターン】モリケンこと森田 健太郎の「エヌグリーディー」という引き出し

こんにちは!ハイドアップスタッフのモリケンです!

今年は雨の多いお盆期間でしたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

モリケンはというと…新たなギルパターンに開眼! この夏おいしい思いをさせていただいておりまして、今回はそちらをご紹介!

森田 健太郎(Kentaro Morita) プロフィール

HIDEUPフィールドテスター、VARIVASフィールドテスター。愛知県名古屋市在住の若手アングラー。バスはもちろんのこと、エリアトラウトやソルトウォーターもハイレベルにこなす。

 

ギルパターン×ハードベイト

ギルパターンといえば。スタッガーワイドを筆頭に、ワーム系のパターンはかなり開拓された感のある昨今のフィールド。

写真は、ギルパターンの超鉄板スライドフォール&スタッガーワイド4インチ。はい、コレは言わずもがなで良く釣れます。

ですが個人的に、ハードベイトを使用したギルパターンは、まだまだ未開拓な部分が多くあると感じています。

 

エヌグリーディーの【ヒラスト】

そこでエヌグリーディー。バイブレーションアイに結んでミドスト風ロッドアクションをした、通称ヒラストを試したんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大地(@daichibass60)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideo Yoshida(@hideoyoshida.hideup)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideo Yoshida(@hideoyoshida.hideup)がシェアした投稿

コレが…めちゃくちゃ好反応! ギル好きバスが連発したんです!

ワーム系はフォールに時間を要するのに対して、ヒラストはガンガン撃っていけるので効率よく、より広範囲を釣れるというメリットもあります。

 

1 / 3
次へ