ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

このディープが攻められるジグヘッドは、誰もが容易にローリングアクションを出せる。deps「MIDST JIGHEAD(ミドストジグヘッド)」

先日、配信したこちら。

今までの食わせ方じゃ食わないバスを獲る。プロガイド「榎 遼介」2021琵琶湖北湖のディープ最新事情

この時期、魚獲りに行くならワーミング。琵琶湖北湖の雄「川崎 了」のワーミングの基本

もうご覧になられましたでしょうか。

琵琶湖のプロガイド榎さんと川崎さんによる、夏バス攻略のためのノウハウ満載の記事。

2人のプロガイドがこの時期取り入れているのが…「ディープのミドスト」。depsからミドスト専用、その名も「MIDST JIGHEAD」いよいよ登場。

 

MIDST JIGHEAD【deps】

2021年8月登場予定

近年定番になりつつある「ディープミドスト」にも対応すべく開発された「ミドストジグヘッド」。

Head Weight:7g、5g、3.5g、2.5g/HOOK size:#2/0/各4個入/¥660(税抜¥600)

deps公式「MIDST JIGHEAD」詳細ページはこちら

 

ディープのデカバスにも対応

まず注目したいのはウエイト。近年定番となりつつある「PEラインを使用したディープミドスト」も、MAX7gという重めのウェイト設定により浮き上がりを抑えながらアクションさせやすくなっています。

フックは5~6inchクラスのバルキーワームに対応し、デカバスとのやり取りも考慮された線径を採用。また。ワームキーパーもワームの形状を歪にさせないよう細くしつつ、ズレにくい形状になっているとのこと。

 

もう1つ。ディープを攻めるという点で言えば、フッキングとロールアクションを妨げない線径Φ0.35mmという細身のステンレス製スプリングワイヤーガードを配することで、オダや漁礁といったストラクチャーへのスタックを大幅に軽減。よりディープ攻略を安易にしてくれる仕様に。

ちなみに、どんなガードでも言えるのですが…角度調整を頻繁に繰り返すことでガードが折れやすくなるそうなので注意が必要とのこと。また、完全にワームのズレや裂けを無くす場合は、瞬間接着剤で固着するのがオススメなんだそう。

 

誰にでも安定したローリングアクションが出せるジグヘッド

続いて注目したいのはラインアイ。ラウンド形状のヘッドから真上に伸びるラインアイは、ラインスラッグの捌きでローリングさせやすいバランス。また、横アイがライン結束部のズレを抑制することでアクションの破綻を無くし、誰もが安定したローリングアクションを演出することができるとのこと。

 

関連動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

暑い夏、ディープに落ちるデカバスにいかがでしょうか。

deps

1996年設立。日本屈指のデカバスハンター奥村和正氏が代表を務める、京都府に拠点を置く総合ルアーメーカー。 ロッド「サイドワインダー」シリーズや「サイレントキラー」「デスアダー」といったプラグやワームなど、数々のデカバスに直結する名作を多数輩出。