ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

この時期、魚獲りに行くならワーミング。琵琶湖北湖の雄「川崎 了」のワーミングの基本

寄稿:川崎 了
夏のバス釣り特集

こんにちは!

デプスプロスタッフの川崎 了(かわさきりょう)です。

いよいよ暑い夏に突入の琵琶湖、そんなアツい季節の中でも安定した釣果が出せるのが「ワーミング」です。今回は僕なりのワーミング術を紹介したいと思います。

川崎 了(Ryo Kawasaki) プロフィール

デプスプロスタッフ。 琵琶湖にてバスフィッシングガイド「Kawasaki Guide Service」として「記憶に残る一匹」をモットーに日々湖上へ出撃している。 ガイドとして初心者からベテランまで多くのアングラーをサポートする一方、トーナメントにも出場。ストロングからフィネスまで幅ひろく使いこなす実力派アングラー。

 

北湖の「シャロー」の展開

ここで狙う魚は、この時期スポーニングから回復し、シャローでフィーディングしている魚です。

僕がメインとしている北湖では、毎年6月頃から鮎が表層に浮き出したり接岸してきます。これを捕食している魚を狙っていきます。

狙うシチュエーションはスバリ、鮎が溜まる場所。東岸ロックエリアだったり、西岸の取水塔などのマンメイドストラクチャーやウィードなどがメインとなります。

 

①:デスアダー4inchのI字引き

シャローエリアの釣り方は大きく2つ。まず1つ目は、「I字系」の釣りです。

このI字系の釣りで使用するルアーはdepsのデスアダー4インチ、通称「チビアダー」。

deps公式「デスアダー」詳細ページはこちら

デスアダー4inchにマス針にセットしたノーシンカーで、スローに表層直下を狙っていきます。タイミングや条件は朝・夕のフィーディングタイム。それ以外では湖流が変化する時や、風が当たったりすると良かったりもします。

 

キモはカラーセレクトにアリ

これ、実際にやり込んでいくと実に奥が深い釣り。カラーセレクト1つで口を使わなかったり…、シビアになることも多いんです。

僕が一番最初に使用するのが「#4 スモーク/シルバーフレーク」。どんな条件でも比較的ハマりやすく実績十分なカラー。

 

そして魚の反応をみながら、ナチュラル系では「#20 ウォーターメロンプロブルー」

視認性を重視するなら「#09 パールホワイト/シルバーフレーク」などをローテーションしていきます。

 

この釣りはバイトが目で見える心臓に悪い釣り(笑)。この時期限定の楽しい釣りを是非試してみてください。

例外にはなりますが…あえて。上記と同じシチュエーションでdepsのプラグワカサギベイトを使うと、またワームとは違った反応が得られることも多々あります。ワームで食わない時はプラグを入れてみる…とか、こちらもローテーションに加えてみることを強くオススメします!

deps公式「ワカサギベイト」詳細ページはこちら

 

1 / 4
次へ