ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ドリフトクラブのリーダーレスDSを使ったスイミング通称「カニスト」が激ハマり!加木屋守(マーモ)が釣れる理由について徹底解説

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

今回もカニネタですみません(笑)。でもそれくらい「ドリフトクラブ」が絶好調です。前回はカニヘッドワッキーについて紹介しました。

ここ最近はワッキーでの使い方を紹介することが多かったのですが、オフセットフックを使用したリーダーレスダウンショットリグのスイミング、通称「カニスト」が各地で今激ハマリしています。

今回はこの「カニスト」について少し解説しようと思います。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

動画ロケで訪れた奥矢作湖でも「カニスト」が炸裂!

カニストはそのまま、カニをストローリングさせる使い方。

 

それを中層で使ったりボトムで使ったり、ミドストやボトストのように狙いのレンジに合わせた誘い方をするわけですが、これがまた釣れるんです(笑)。

最近YouTube「マーモチャンネル」にもアップさせていただきましたが、地元の奥矢作湖で「ドリフトクラブ」の5gリーダーレスダウンショットリグで、56を含めてこのカニストだけでかなり良い釣果をだすことができました。

 

その動画がこちら!

出典:YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」

 

ドリフトクラブ

Name Length(本体/テール含む全体) QTYt 税込価格
DRIFT CRAB 45 45mm/145mm 5 ¥880

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

「カニスト」が釣れる理由

奥矢作湖ではカバー周りをスイミングさせて捕獲。そして七色ダムでもカニスト無双(笑)。2日間で立木に絡めたりブッシュに絡めたりして、かなりのバスを捕獲することができました。

 

ドリフトクラブ」をスイミングさせるとなぜ釣れるのか? と言うと、まずはアイ側に足が付いてることによって、そこが水を掴んでイイ感じにブレーキをしてくれ、移動距離を押さえながらモワモワと誘うことができます。

ですので、中層〜ボトム付近までを中々その重さで通せないようなスピードで引っ張ってくることができるというわけです。

イメージでいうと、中層〜ボトムをホバスト感覚で引いてくる感じ。もちろんホバストととかに比べると、移動距離は早いのですが、「ドリフトクラブ」は他のワームに比べて移動距離をかなり抑えれます。

 

そしてこの釣りで来るバスはサイズも狙えてテンポも悪くないので、すごく効率的。

特にローライトでのパワーが凄く強いなと感じたので、トップに出きらない状況などでぜひ、試してみてください。

シンカーは5gを使用していますが、陸っぱりなどの浅い場所では3.5gとかが良いかもしれません。

近いうちにYouTube「マーモチャンネル」でもカニスト動画をアップしますので、また見てくださいね!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【ジャッカルロゴ・リピールステッカー】キレイにはがせて何度も貼れる立体加工ステッカーが登場!

ブンちゃん&水野君が釣り公園でファミリーフィッシング!誰でも手軽に楽しめるGOODなサビキ釣りはいかが?

【DBユーマ フリー】秦拓馬プロデュース!フリーリグ完全対応ワームに秦拓馬 監修の2021年の新色2色が登場

【ハニーナゲット】加藤誠司プロデュース!フリーリグワームとして人気のハニナゲの2021年新色はブルーギル系

【ブラストボーンJr SF】進化系ビッグベイトに待望のジュニアサイズが登場

【ドリフトクラブ45】マーモ加木屋 守プロデュース! 甲殻類系・新型ワームが2021年5月中旬ついに登場