ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アフターに効く】ハイドアップ不朽の名作「3PCS/スリーピース」をFishing Gear&Tackle TRIBE松本が深堀り

寄稿:松本 泰明

気になる使い方について

TRIBEの店頭に立っていると、お客様から「3PCSはどうやって使うんですか?」と、ご質問していただく事が多いんです。

たしかに不思議な形をしているので、どう使うんだ?と思いますよね。

基本的には何に使ってもらってもOK! 3PCSは適応リグが幅広いのも特長で、ノーシンカーはもちろん、テキサスリグフリーリグダウンショットリグ直リグなど…本当にどんなリグにでも使えるワームです。

 

アフターの時期にはノーシンカー&フリーリグがオススメ

多彩に使える3PCSですが、産卵後のアフターが多くなってくるこれからの時期にオススメなのが、やっぱりノーシンカーとフリーリグ。フワッとフォールさせられるようなリグが凄く効果的です。

オフフックをセットする位置は基本的には3本ある真ん中の部分にセットしていただけたら大丈夫です。

 

僕は4インチには#2/0(写真左)、3インチには#1(写真右)を使用する事が多く、サイズ的にもジャストかなと感じているのでオススメです。

ノーシンカーで使用する時はなるべくフワフワさせるイメージ。

キャストから1度着底まで待って、そこからロッドを縦に1,2,3と3回ほど細かく動かして、もう1度ボトムまでフォール。そんな感じで使用しています。

一方、フリーリグですが基本的にはノーシンカーと同じイメージで使います。ただ、出しどころとしてはノーシンカーでは飛距離が届かない時や、水深があるフィールドの際に使用する感じで僕は使う事が多いです。

 

オススメタックル

3PCSでのオススメタックルですが、ワームサイズ・リグによって3本。

 

3PCS/4インチフリーリグの場合

HUMRC-65MHST/RS

こちらのロッドはHIDEUPプロスタッフ武田栄喜プロ監修のロッドで、ソリッドティップ搭載モデル。

MHのパワーがありながらソリッドティップでしっかり曲がってルアーウェイトをのせてキャストできるので、キャストしやすくボトムでの操作感も良くイメージ通りのアクションをルアーに伝えやすいロッドでオススメです。

 

3PCS/4インチノーシンカーの場合

HUMRC-69ML+RS

こちらのロッドはHIDEUPプロスタッフの永野総一郎プロ監修のロッドで、「ML+」と言う名の通りのしっかり曲がるけどパワーがあるフィネスロッド!と言えばイメージしやすいかと思います。

3PCSの8.6gのウエイトでも重すぎず軽すぎない感覚で凄く気持ちよくキャストできるので、安心してキャストからバスとのファイトも行えるのでオススメのロッドになります。

 

ちなみに、3インチのフリーリグの場合もノーシンカーと同じ「HUMRC-69ML+RS」を使用。5g前後のフリーリグでの繊細なアクションを演出でき、パワーも十分。

 

3PCS/3インチノーシンカーの場合

HUMRS-63MLST/RS

武田栄喜プロ監修のスピニングロッドで、短めのレングスでシェイクやトゥイッチなどのアクションをつけやすく、キャストも凄くしやすいモデルになります。

またMLと聞くとパワー系スピニングを連想しやすいですが、凄く繊細にルアーを操作できますのでノーシンカー系の釣りにオススメの1本です。

 

2 / 3
前へ 次へ