ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【高比重繊維を組み合わせた5本構造】パワーフィネスにカバー…釣りの幅広がる。シマノの沈むPEライン「PITBULL G5」

バスフィッシングでも浸透してきつつあるPEライン。

細い上に強いというその特性を活かして、これまで獲れなかったバスが獲れるようになったことは事実。

ただし「浮く」という特性から、まだまだ獲りきれていない魚がいることもまた事実。

沈むPEライン。 もう試してみましたか?

 

PITBULL G5

高比重設計の沈むPEライン「PITBULL G5」。

シマノ公式「PITBULL G5」詳細ページはこちら

 

なぜ沈むのか

ナイロンより重く、フロロよりは軽い、エステルライン並みの比重

一般的に真水の比重が1.00、海水の比重が1.03〜1.04(塩分濃度によって変化)と言われていて、ラインの比重がこの数値よりも高ければ沈み、軽ければ浮く。通常のPEラインは、比重1.00未満のものがほとんど。だからPEは水に浮き、他方ナイロンラインやフロロライン、エステルラインは1以上の比重となっている、つまり沈む。

このPEラインの比重を見ると1.28~1.35でエステルラインとほぼ同等。フロロカーボンとまではいきませんが、ナイロンよりも比重が重く沈むというわけです。

 

高比重フッ素繊維を合わせた5本構造

では、なぜPEラインなのに高比重なのか。それは、高比重フッ素繊維を組み合わせた「5本構造」になっているから。

 

高比重フッ素繊維を組み合わせることで、通常の4本組よりも1本1本の繊維を細くする必要がある。そのため、強度自体はやや劣るものの、それでもナイロンやフロロカーボンに比べるとその差は歴然。

 

実際の釣りで活きるメリット

では、沈むことで実際の釣りがどう変わるのか。

ライトリグを始め軽いルアーを沈めて使える、糸ふけが出にくい、高感度につきボトムやバイトがわかりやすい。

…など、そのメリットは枚挙に暇がありません。

 

関連動画をチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

カラーラインナップ・スペック

視認性の高い「ハイビズオレンジ」と、同化して水中で存在感を消せる「スティールグレイ」の2色がラインナップ。スタイルや使用ルアーなどに合わせてのセレクトが可能。

号数 最大強力lb(kg) 長さ(m) カラー 希望本体価格(円)
0.6 10.6(4.8) 100 スティールグレイ 1,130
0.6 10.6(4.8) 100 ハイビズオレンジ 1,130
0.8 13.7(6.2) 100 スティールグレイ 1,130
0.8 13.7(6.2) 100 ハイビズオレンジ 1,130
1.0 16.7(7.6) 100 スティールグレイ 1,130
1.0 16.7(7.6) 100 ハイビズオレンジ 1,130
1.2 22.8(10.4) 100 スティールグレイ 1,130
1.2 22.8(10.4) 100 ハイビズオレンジ 1,130
1.5 25.8(11.7) 100 スティールグレイ 1,130
1.5 25.8(11.7) 100 ハイビズオレンジ 1,130
2.0 30.6(13.9) 100 スティールグレイ 1,130
2.0 30.6(13.9) 100 ハイビズオレンジ 1,130
0.6 10.6(4.8) 150 スティールグレイ 1,700
0.6 10.6(4.8) 150 ハイビズオレンジ 1,700
0.8 13.7(6.2) 150 スティールグレイ 1,700
0.8 13.7(6.2) 150 ハイビズオレンジ 1,700
1.0 16.7(7.6) 150 スティールグレイ 1,700
1.0 16.7(7.6) 150 ハイビズオレンジ 1,700
1.2 22.8(10.4) 150 スティールグレイ 1,700
1.2 22.8(10.4) 150 ハイビズオレンジ 1,700
1.5 25.8(11.7) 150 スティールグレイ 1,700
1.5 25.8(11.7) 150 ハイビズオレンジ 1,700
2.0 30.6(13.9) 150 スティールグレイ 1,700
2.0 30.6(13.9) 150 ハイビズオレンジ 1,700

 

折しもカバーゲームが本格化してくるタイミング。タックルの準備はもうできていますか?

 

シマノの最新バス関連情報はこちらでもチェック!
→シマノ公式Facebookページ「Shimano BASS Station

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。