ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

住澤直樹がDAIWAのライトジギング2021年NEWアイテムを詳しく紹介!

寄稿:住澤直樹

住澤 直樹(Naoki Sumizawa) プロフィール

三重県・伊勢湾をホームグランドに活躍するダイワ・フィールドテスター。ボートエギングの第一人者としても知られるほか、実は元々はバス釣りマニア、またライトジギング歴も恐ろしく長いオフショアSWゲームのエキスパート!1969年生まれ、三重県出身&在住

こんにちは。ダイワフィールドテスターの住澤です。いよいよ5月よりソルティガICが登場、続々と各番手が発売されていっています!

SALTIGA IC DEBUT

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA Salt Lure Channel」

 

 

これからの季節は100番のリール、PEラインは1.0号~1.5号を使ってのライトジギングが楽しい

まず最初に登場したのが、この時期に一番出番が多い100番から発売になりましたね。

私のよく行くエリアでは20m~100mと水深の幅が広いのですが、このIC100番の出番としましては水深20m~60mと、夏から秋によく攻める水深となります。

これからの季節は100番のリール、PEラインは1.0号~1.5号を使ってのライトジギングが楽しみです。

巻取長(cm) ギア比 自重(g) 最大ドラ(kg) 標準糸巻量
PE(号-m)
スプール径(mm) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(¥)
70 6.3 310 7 0.8-500、1-400、1.2-300、
1.5-250、2-200
Φ36 70 11/1 67000

使用するPEラインですが、耐摩耗性と耐久性が向上した高密度のPEライン、UVF ソルティガデュラセンサー8+Si2が発売になりましたので、このラインと合わせて使用したいですね。

参考までに、100番にセッティングするロッドをご紹介すると…。

●ソルティガBJ63HB-S・V(ローレスポンス)
●ソルティガBJ62HB TG・V(スリルゲーム)

使うシーンとしましては私のホームの鳥羽では潮の速さにもよりますが、水深60m以下でジグウエイトは80~150g、PEラインは1.0~1.5号、ターゲットとしましては、夏は真鯛、サワラ、ハマチ等。

ジグを跳ねさせず鳥羽では定番のティップをジグに向けてのスイミングジャークを多用します。

 

深場狙いでは300番が使いやすく、PEラインは1.2~2.0号を使用

そして深場狙いでは300番が使いやすく、PEラインは1.2~2.0号を使用します。

巻取長(cm) ギア比 自重(g) 最大ドラ(kg) 標準糸巻量
PE(号-m)
スプール径(mm) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(¥)
84 6.3 385 10 1.2-600,1.5-500、2-400、2.5-300、3-250 Φ43 75-85 11/1 68000

 

巻取長(cm) ギア比 自重(g) 最大ドラ(kg) 標準糸巻量
PE(号-m)
スプール径(mm) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(¥)
98 7.3 405 10 1.2-600,1.5-500、2-400、2.5-300、3-250 Φ43 85-95 11/1 6800

100番300番はともに巻き心地が最高で、ICカウンター&デプスアラームの機能を駆使したジギングを繰り広げれば、魚が口を使うヒットゾーンを素早く見つけだせる確率がかなり上がることでしょう。

参考までに、300番に合わせるロッドをご紹介すると…。

●ソルティガBJ63XHB-S・V(ローレスポンス)
●ソルティガBJ62XHB TG・V(スリルゲーム)
などがオススメです。

水深が40m~100m、ジグウエイト120~200gでターゲットとしましては真鯛、サワラ、ハマチ等です。

水深が深くなるとフッキングもシッカリとしたいのでXHBシリーズでPEラインも1.2~2.0号を使用します。

シャクリ方は上記と同じスイミングジャークと水深が深いところでは少し大きめのワンピッチジャークをします。

私の場合はどちらにしてもワンピッチジャークが基本となります。

 

この時期のオススメジグは何といってもTGベイト

DSC_2322

そしてジグですが、この時期は何といってもTGベイト!
そのソルティガTGベイトに追加カラーとしましてAF(アデルホロ+フラッシュホロ)が登場しました。

お馴染みのTGベイトに新しく加わった艶めかしく光るアデルホロ系カラーですが以下の6色が加わりました。

AFグリーンゴールド、AFグリーンゴールドグローヘッド、AFブルピン、AFマイワシ、AF赤金、AF赤金グローヘッドの6色

大人気カラー赤金系、グリーンゴールド系、ブルー系が2色ずつの6色が追加!と、かなりこだわった追加カラーになっております。

以上、これから夏を迎えるに当たって活躍してくれる最新ライトジギングタックルを色々とご紹介させていただきました!

 

関連情報もぜひチェック

【ソルティガIC・住澤 直樹が超解説】2021年デビューを果たすICカウンター付き最新リールのジギングでの番手セレクトについて

【ソルティガIC・住澤 直樹が超解説】ライトジギング! リール各番手に合うロッドセレクトについて!

【ベイジギング】サワラジギング基礎講座【寄稿by住澤直樹】

【住澤 直樹が解説】ライトジギングでのタックルバランスについて!【ロッド・リール・ライン・リーダーのベストな組み合わせは?】

【住澤 直樹セレクト】初夏~夏のベイ&ライトジギングでオススメのロッド・ジグ・クーラーBOXなどを一挙紹介