ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メガバスHASSYの淀川通信】アフタースポーン狙いで…ええやんかぁ~!

寄稿:HASSY

皆さんこんにちは!こんばんは!ええやんかぁ~!

Megabassの淀川番長 HASSYです。

HASSY/はっしー(Hassy) プロフィール

「ええやんかぁ~」を合言葉に、釣りを通じて "全力で遊び、全力で楽しみ、全力でふざける” 関西在住のアングラー。 関西圏の水辺、ライブハウスに出没することが多く、バスをメインに海のライトゲームなどにも造詣が深い実力派としても知られる。

今回も、淀川をホームとして活動しております僕なりの淀川通信をお送りさせていただきます。恐縮です。

5月中旬。淀川の状況ですが、スポーニングはワンド内は4月前半スタートな感じでしたが、本流側の進行が今年は遅い感じです。産卵前、産卵中、産卵後など様々な個体が入り混じっているそんな状況。どこに的を当てるかで釣果も変わってきます。

というわけで、今回は…

アフタースポーンの魚を狙えッ!

はい。産卵を終えたバスの状態を「アフタースポーン(以後アフター)」と言います。

 

なぜアフターの魚を狙うのか?

これからの時期は、言っても産卵後の個体が圧倒的に多くなり狙いやすいこと、そして何よりトップウォーターなどの楽しい釣りができること(笑)です。

 

どんなとこに居るか?

アフターのバスは、基本的に中層から表層にかけていることが多い。

そして、浅い場所では岸際を回遊していることが多いです。ほら、表層に近いところでデカいバスが泳いでいるトコロ皆さんも良く見かけるかと思います。表層から中層に居ることが多いのです。

アフターのバスは、細身なシルエットが特長的で、何より餌を食べて体力回復したい。なので、ルアーは簡単に食べられやすいものが良いのです。

簡単に食べられやすいっていうと「おっそい(遅い)動き」のやつ。そしてデカい個体だけを狙うならボリュームあるものがgood。

サイトフィッシングが苦手な方でも岸際で回遊している個体がいれば、バスの進行方向に先に投げて待ち伏せしたり、フォールで誘ったりすると簡単に食ってきたりすること多いですよ。

 

ワンド内が激アツ

エリアで言うと、ワンド内も激アツです。

カバーは、シーズン問わず必ず意識して撃つようにしてください。淀川は、水位の上げ下げが少ない川です。まとまった雨が降ると当たり前ですが水位が上がります。そうなると普段よりも生きてくるカバーも増えます。

そこで、こちらの写真をご覧ください。

ここのワンドは、普段は青の矢印方向に流れが入ってくるのですが、増水すると赤字の方向の流れになります。(上流→下流の流れがワンド内に直接入ってくる)

写真右の一番突き出している木の下に、更に木が沈んでいるんですよね。赤の時は、この写真を撮影している立ち位置から。そして青の時は、木の裏側に移動して、カバーを撃つように!

流れの表というよりは裏、カバーに身を寄せて体力を回復しているバスを狙うイメージです。

 

さぁそんな淀川でこれからどんなルアーを使って楽しめるか!?

①トップウォーター

まずは、トップウォーター!

何よりトップの釣りが楽しめるのはこの時期から!投げなきゃ損! MHクラスのタックル1本で行くことが多い僕は、スローにも誘えるi-Wing135は必須。

Mクラスならi-WING FRY。またフライ(稚魚を守る個体)もいるので新製品のi-WING TRIPLE FRYもありです。そして、エビ食いバスにも効く王道のPOPXは、2、3回動かしてポーズするアクションが効く。

 

何より、遅く動かせて簡単に食べられてしまうアクションを意識しましょう!だいたい控えめなバイト多いので、ちゃんと食ってるか確認してフッキングするのが吉!

出たらもうトップの虜になるかと思います。

 

②ワーム

次にワーム。ワームは、遅く食べられやすいことを考えると…断然ストレートワーム!

トーナメントクロウラーのようなマテリアルが柔らかい素材のワームは、クリアな水質やワンド内をノーシンカーやダウンショットで。マテリアルが硬い素材のワームは、濁った水質、流れのヨレなど気づかせたい場所で、水推しのあるジグヘッドワッキーやネコリグで…という様に使い分けてみてください。

 

そして僕の大好きなロングワーム。アフターはもちろん、産卵期の俗に皆んなが言うメスにも効くのでデカい個体のみを狙うならロングワーム。また、スピニングなら表層で遅く誘えるホバストがgood。

アフターの回遊に素早く対応するなら複数のタックルを組んで挑むのが良いです。ご紹介したルアー達をトップとワームそれぞれ組んで挑むのが釣果に繋がります。

ちなみにジャークベイトの釣りでは、高速巻きでウィードなど柔らかい物の上に浮く個体を狙え、ハードボトムのように固い場所ではジャークさせていると俗に言うオス個体が釣れちゃうことが多いです。押さえとして覚えておきましょう。

 

おすすめタックル

① LEVANTE F5-611LV-4P

陸っぱりバーサタイル。i-WINGやロングワームを1本で扱うならこの番手!

 

② LEVANTE F3-66LV

i-WING FRY、i-WING TRIPLE FRYなどのトップから小型の巻物ルアーをスピーディーに扱えます!

 

③ LEVANTE F2-64LV

ベイトフィネスタックルは、ネコリグやDSだけでなく、POPXやシグレのトップにもオススメです!

 

④LEVANTE F1-63LVS

トーナメントクロウラーのノーシンカーやネコリグ、DSはこの番手!

 

というわけで、淀川番長がお送りする【淀川通信】はここまで!

最後に、皆さん普段から行っているかと思いますが釣行時のゴミの忘れ物など無いように引き続きご協力お願い致します。

以上ッ! HASSYでした!!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。