ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

磯ヒラスズキでも大活躍!荒波の中でも泳ぎ切るシンキングペンシル!エクリプスの「ハウルーラ・ゼオ95S」

出典:エクリプス公式ハウルーラー ゼオ95S詳細ページ

エクリプスより登場しているハウルーラシリーズ。

なかでも操作感も伝わりやすく、ビギナーから上級者まで人気のシンキングペンシルの「ハウルーラ ゼオ95S」

これまでサーフをメインに紹介してきましたが、実はこの「ハウルーラ・ゼオ95S」は磯のヒラスズキゲームにもオススメの性能となっています。

すでに季節は初夏に差し掛かるころ、日本海・北陸地方では磯でのヒラスズキゲームが開幕しています。

今回は磯ヒラスズキでの「ハウルーラ・ゼオ95S」をピックアップしてご紹介していきます。

初夏のベイトサイズにマッチ

この季節のベイトで代表されるのが5~8cm前後のチアユやコウナゴ、カタクチイワシといった小さな魚です。

サイズも小柄で泳ぐ力が弱いベイトは波に寄せられ、磯際に付近に集結します。

ヒラスズキが狙うのはそうした磯際に寄せられたベイトたちで、ルアーもそれに合わせたサイズ感がベストになります。

シーバスゲームというと10cm以上のミノー系が代表されますが、この時期のポイントはベイトに寄せた小型のサイズ感!

従来使用される12~15cmサイズのミノーよりも、弱々しく泳ぐ小柄なシルエットのシンキングペンシルのほうがより効果的に誘うことができるのです。

狙い目はサラシの広がる方向に流してのアプローチ。

以前紹介したように、このハウルーラ・ゼオ95Sは手元にしっかり操作感が伝わるので、サラシのなかでも状況を把握することができます。

加えて、ウエイトも28gと十分なウエイトを有しているので、横風や向かい風のなかでもしっかり飛ばすことができます。

サラシの広がる方向に投げられないときはエクリプスの「フルフロウシリーズ」がオススメ!

シチュエーションに応じてルアーを使い分けるのも磯ヒラスズキゲーム攻略のポイントになります。

フルフロウシリーズによる磯ゲームの記事はこちら

磯マルゲーム開幕!風・波に左右されないミノー!エクリプスの「フルフロウ」シリーズ!

アクションはカウントをとりながらのテロテロ巻き!

基本操作はサーフと同様にゆっくりのタダマキ!

サラシのなかでもしっかりとボディをくねらせて誘ってくれるので、ルアーの動きを感じながらゆっくり巻いてくるのがポイントになります。

磯の場合、ボトムにつきすぎてしまうと根掛かりの原因にもなってしまうので、カウントをとりながらサーチしていくのがオススメです!

ハイライトやローライト、マズメ、リアルベイトカラーなどシチュエーションにあわせてカラーローテーションも交えながら探っていきましょう!

ハウルーラ ゼオ95Sのスペック

Length:95mm

Weight:28g

HOOK:#4    RING:#3

TYPE:SINKING

PRICE:¥1,270+TAX

エクリプス公式ハウルーラ ゼオ95S詳細ページはこちら

エクリプススタッフの丸山 政寅さんのレポートで磯ヒラスズキ・磯マルゲームのレポート公開中!

エクリプスの石川県フィールドスタッフ丸山 政寅さんのレポートでは磯ヒラスズキ・磯マルゲームのレポートが公開されています。

フルフロウシリーズやハウルーラ・ゼオ95Sでの釣果も報告されているので、ぜひ併せてチェックしておきましょう!

攻略のコツや狙うポイントなどの解説がされています!

エクリプス公式スタッフレポート詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。