ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【うまい人は何で釣ってる?】ゲーリーファミリー「ツカコウ」こと塚本康平さんの普段使いのタックルを訊く

寄稿:塚本 康平

こんにちは!

中部メジャーフィールド五三川で活動しているツカコウこと、塚本康平です!

先日、ゲーリー注目のNEWワーム「ヤマタヌキ」をご紹介させていただいたんですが…春の引き出しは他にもある!というわけで、今回は個人的に春に外せない普段使いのタックルをあれこれご紹介!

塚本 康平(Tsukamoto Kouhei) プロフィール

岐阜県在住で、地元の五三川や大江川をホームに経験を積む若手の注目株。 五三川でオカッパリガイドとしても活躍中。 なんと身長は190cmで「ツカコウ」という愛称でも知られるスーパーロコアングラー。

 

横の動きが効く!春のストロングワーム

春バスにオススメの強いワームはこちらの2つ!

HBバブゥtype2(10FTU)&ハートテール(ゲーリーヤマモト)」

 

春バスには横方向のシャッドテール系ワームがオススメで、その中でも割とスナイパー水押しの強いシャッドテール系がオススメで強めのシャッドテール系スイムベイトを2つピックアップしました!

アピールをしっかりしつつ、移動距離はゆっくりで追いつきやすく、尚且つボリューム感があるシャッドテール系が春バスにはかなり有効です!

ハートテールはカバー絡みなどスタッグしやすかったりゴミを拾いやすいエリアに!

 

バブゥはオープンウォーターや護岸際など比較的スタッグしないエリアにオススメです!

 

春バスにはこのプラグ『ニンジャトゥイッチングライダー』

ストロング系プラグとして春バスに外せないのがビックベイト。その中でも僕がずっと使ってるのが、このニンジャトゥイッチングライダー(DUEL)」です。

 

リーリングでもトゥイッチでもアクションがとても付けやすく、更にはスローシンキングでウェイト調節等しなくてもパッケージから出してそのまま使えます!

またS字系ビックベイトですがスローリトリーブでI字になり、チェイスさせてトゥイッチで食わすなどテクニカルな小技も対応してくれます。

 

オカッパリで持っていくならこの1本「バンタム170MHー2(SHIMANO)」

かなり迷いますがやはりオールシーズンずっと愛用しているシマノバンタム170MHー2です。

高比重ワームのフリップからラバージグ、チャターやスイムジグといった巻物、更には羽根モノなどのトップウォーターまで1番幅広く対応してくれるロッド。

沢山歩くオカッパリではこのタックルをチョイスします。

 

今このリールがアツい「SLX HG(SHIMANO)」

コスパ最強リールとしても人気の高い「SLX MGL」。機能面を見ても値段以上すぎる機能で、1台導入してからオールタックルSLXに変更しようと思っているほど溺愛しています。

飛距離は申し分なし。耐久性もかなり頻度を高く酷使していますが未だに不良等なく使用できており、ツカコウ的に今1番アツいリールです。

 

春爆はいつ?

春爆は実はピーカン無風の時より、爆風ババアレな時が良かったりすることがあります。

無風の時はバスのポジションの確認などはしやすいのですが食わせれなかったり…など経験ありませんか?そんなバスは雨や何か状況変化があった時にイッキに食い出すことがあるので、ポジションを確認しておき、そのタイミングを見定めるのが重要です!

常にバスを追いかける気持ちで通い続けるのが春爆の近道だと思います。

 

春だからこそ気をつけたいこと

もちろん春だけではないんですが、紫外線が強くなってくるタイミングです。水面からの照り返しによっていつも以上に目に負担がかかると思います。

その為、偏光グラスは必須なアイテム。必ず着用することをオススメします。

春バスはサイトで確認できることも多いかと思いますので、その点を見ても偏光グラスはとても重要なアイテムとなります!

使用している偏光グラスは「bin5(KIOB)」です

 

ヤマタヌキの記事はこちら

【五三川のロコアングラー】ゲーリーのツカコウこと塚本康平がNEWワーム「ヤマタヌキ」をインプレ!