ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ゲーリーファミリー江尻 悠真の春の引き出し!「モコリークロー」4gテキサスのシャローカバー撃ち

先日、春といえば…な「シラウオパターン」を解説してくれたゲーリーファミリー江尻さん。

江尻 悠真(Ejiri Yuma) プロフィール

北浦、霞ヶ浦をホームグラウンドとするアングラー。物心ついた頃よりバスフィッシングをスタートさせ、現在は、様々なバスプロトーナメントに参戦! 趣味もバス釣りという人生をバス釣りに捧げる日々を送っている。 なトーナメント戦績2018WBS 第1戦 霞ヶ浦 4位、WBS プロクラシック 3位、2019年 JBバスプロ選手権優勝。愛称ちょっぴ いじりー。

電話でイロイロとお話しを伺っていたところ「もちろん”シラウオパターン”もアツいんですが、もうひとつこの時期に外せない釣りがあるんです。」と。

なになに?気になる!…というわけで、そっちも教えてもらいました。

 

江尻的、春に外せない「モコリークロー」

ゲーリーインターナショナル公式「モコリークロー」詳細ページはこちら

 

そもそもモコリークローとは

ご存知JB TOP50の小森嗣彦プロがプロデュース。

フォール中にもパーツや足が動き水を動かし、さらに、フォールスピードによってアクションが変化。着底後はテールの重みで水を強く動かし、ピックアップ時はそのテールが絡み合うようにスクリューアクションを起こして水をかき回すという特長。

また、中層では二つのテールとボディーが合わせて三つのパーツのように揺れて暴れる。フォール・着底後・ピックアップ時・中層でもバスを誘い続ける、カバー最強と評されるワーム。

出典:YouTubeチャンネル「GaryInternational」

 

4gテキサスで使う

 

江尻さんの春の使い方は4gのテキサスリグ。これを水深1m前後の小規模なカバーに静かにいれて中層をロングシェイクするというもの。

このシャローのカバーというのがキモで、これからシャローに上がろうとしてスポーニングエリアへの様子見として動き出している魚も狙え、かつ春の冷え込みなどでシャローにすでに上がっていた魚が一時的に身を潜めているような状況でも効果的な釣りなんだとか!

江尻さんいわく、しっかりアクションさせながらもスローに誘うことが大事とのことで、「モコリークロー」が生きる釣り方なんだとか。

 

なぜ、モコリークローなのか?

モコリークローは3.5インチサイズで、しっかりカバーに入れることができるサイズ感。

その3.5インチというサイズが絶妙で、大きすぎず小さすぎないボディなので、三寒四温の三寒に当たったタイミングでもバイトさせることが出来る貴重なワームみたいです。

カバー撃ち後のスイミングなどでもバイトチャンスを引きだすことができて、この時期とても期待値の高い釣りですよ!!

…とのこと。

「モコリークローの4gテキサス」。引き出しとして持っておいて損はなし!

 

こちらもチェック

【もう一つの春のパターン】その特長は爆発力!ゲーリー江尻悠真の「シラウオパターン」徹底解説

小森嗣彦がすべてを注ぎ込んだ自信作。ゲーリー”モコリークロー”の使いどころとは。