ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【もう一つの春のパターン】その特長は爆発力!ゲーリー江尻悠真の「シラウオパターン」徹底解説

寄稿:江尻 悠真
春のバス釣り特集

みなさんこんにちは!ゲーリーファミリーの江尻悠真です!

さて、春といえばどんなパターンをイメージしますか? 僕のホーム、北浦や霞ヶ浦で春といえば「シラウオパターン」は外せないパターン。

そこで今回は、近年霞ヶ浦、北浦水系で定番となっている「シラウオパターン」についてご紹介させていただければと思います。

江尻 悠真(Ejiri Yuma) プロフィール

北浦、霞ヶ浦をホームグラウンドとするアングラー。物心ついた頃よりバスフィッシングをスタートさせ、現在は、様々なバスプロトーナメントに参戦! 趣味もバス釣りという人生をバス釣りに捧げる日々を送っている。 なトーナメント戦績2018WBS 第1戦 霞ヶ浦 4位、WBS プロクラシック 3位、2019年 JBバスプロ選手権優勝。愛称ちょっぴ いじりー。

 

春のシラウオパターン

そもそもシラウオパターンとは、シラウオが産卵するためにシャローに上がりだしたタイミングで、シャローでフィーディングするバスとリンクすることによって成立する釣りです。

タイミング的には、シラウオがシャローへの接岸が始まりだす3月頭ごろからGW過ぎまでで、水温的には8℃~20℃前後とちょうどバスのプリスポーニング~アフタースポーニングのタイミングと重なります。

 

爆発力のあるシラウオパターン

このシラウオパターンの釣りの特長は”爆発力”です。

ビッグバス率が高い!食えばゴーマル!といったことは少ないのですが、要点を押さえれば短時間で何連発!ということがあったり、ハマればかなり良い思いができる釣り方なんです。

 

シラウオとバスが同時期にシャローに上がりだすといよいよスタート。シラウオはバスにとって食いやすいベイトなのか…とりわけ好釣果を狙いやすいです。ただ、無風時は日差しが強まると深場に落ちるイメージがあり、比較的朝・夕のマズメ時が釣りやすいと思っています。

そして、シラウオは遊泳能力が低い生き物なので風表の風裏(ドッグの影や泡などがたまっている場所)や、風が当たり過ぎていない護岸際に多くいます。この釣りで一番大事なのは…しっかり風が当たっているエリアを釣ること

ワカサギパターンと違い、無風状態でもパターンとして成立させることができる釣り方ではありますが、風当たっているエリアを狙うことで、このパターンを成立させるうえで大事なシラウオが溜まっているエリアを釣ることができます。

 

1 / 3
次へ