ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春は巻きが推しパターン】レイドジャパンスーパーロコ@wada_kunこと和田真至のスピナベテク

寄稿:和田 真至

みなさんこんにちは!

レイドジャパンロコアングラーズの和田真至(ワダマサヨシ)です。

今回、自分が紹介させて頂くのは「春の巻物」です。

春の巻物と言えば…1番に思い浮かぶものは「スピナーベイト」だと思います。プレードが回転する事により生まれるバイブレーションとフラッシング、またバイブレーションがワイヤーを通してヘッドを縦揺れを発生させスカートを艶かしく揺らす…この複合アクションによりバスを狂わすのがスピナーベイトの魔力。

スローに巻いても強くアクションするスピナーベイトは特に“春”に効果的なジャンル。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田 真至(@wada_kun)がシェアした投稿

そこで、この春にめちゃくちゃ有効、このところ好調をキープしているスピナーベイトレベルスピンにフォーカスして、僕なりの使い方などを書いてみようと思います!

和田 真至(Wada Masayoshi) プロフィール

岡山県の河川、倉敷川をホームフィールドに日々修行中のレイドジャパンロコアングラー。 ストロングな釣りを中心にフィネスまで使いこなすマルチな一面も。

 

レベルスピンで狙う場所と使い方

まずはレベルスピンを使う場所や使い方について。

狙う場所に関しては、河川・ため池・リザーバーどれも共通で岸際を中心としたシャローです。狙う個体もフィーディングで岸際に差してくるやる気のある個体のみを狙うので、深場は切り捨てて、シャロー勝負で問題なしです。

2〜3投入れて次、2〜3投入れて次の繰り返しで、フレッシュなシャローを狙うStyleをオススメします。

 

また、基本的にはボトムは取りません。中層からブレードが見えるか見えないかのギリギリのレンジを巻くことをオススメします。スピナーベイトのアピール力でやる気のある個体がその周辺に居れば、勝手にサカナから来てくれますので、あくまでも「中層」を意識して巻いてみてください。

 

ウエイトの使い分け

続いては、ウエイトの使い分けです。

 

レベルスピンのウエイトは「1/2oz」と「3/8oz」の2ウエイト構成となっています。1/2ozと3/8ozの違いは、ウエイトの差(約1/8oz)以外に1/2ozの方がプレードサイズが大きくその分アピール力は強めとなります。

僕のウエイトローテーションは…1/2ozはしっかりレンジを入れて仕掛けたい時や、サカナを遠くから呼びたいタイミングに使用。逆に3/8ozは浅場のフラットを攻めるときや、ある程度居場所が絞れているスポットで使用。

と、こんな感じ。超シンプルですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

トレーラーとトレーラーフック

春にレベルスピンを使用するときは、トレーラーとしてフルスイングを装着する事が多いです。その理由としては、アピール力とブレーキ力をUPさせる為

 

全体的な自重が増す事により飛距離がさらにUPするだけではなく、スピナーベイトの複合アクションにさらにフルスイングのテールパワーがプラスされてさらにアピール力が強くなり、ブレーキ力も高まるのでよりスローに巻く事ができる様になります。

 

レベルスピンセッティング

①フルスイング4inch(頭4節カット)

②フルスイング3.5inch

③トレーラーワーム無し

①、②、③の使い分けとしては、下記の通り。

①:波風(爆風)が入り濁った時や、広くて深い景色はもっともボリュームのある「フルスイング4inch」。波風に負けずレンジコントロールもGOODです!サカナにいち早く見つけて貰いたいときはこのセットアップがオススメ!!

②:微風や通常状態は「フルスイング3.5inch」をトレーラーに。このセッティングはスタンダードで、季節感問わずど真ん中です。このセッティングからスタートして1日の中で探していくことが多いです。この3つの中では、1番パイロットルアー的なポジションとも言えます。

③:晴天無風のタイミングやフィールドが浅くて小規模であったりピンスポットを狙う際は、季節感問わずトレーラーワーム無しでオッケーです。

こんな感じで自分は使い分けてますが…どれが良いでは無く、どれがその場その状況に合ってるかが、ここでは1番大切なポイントです!

 

トレーラーフック

そして、セットしておいて損はないトレーラーフック。

自分の愛用しているトレーラーフックはスナッグレストレーラーTC(RYUGI)です。

 

ワンタッチで誰でも簡単に取り付け可能で、超オススメ!また、このバス持ち写真のように、付けてて良かった…と思うことも多々。春特有の突進系のバイトのキャッチ率も格段にアップするので、付けることをオススメします。

 

使用タックル

●ロッド:グラディエーターアンチ GA-72HC キングヘビー(レイドジャパン)

●リール:18バンタムHG(シマノ/ktfチューン)

●ライン:エクスレッドタイプNS 16lb(TORAY)

キングヘビー(GA-72HC )は力負けしないロッドパワーを兼ね備えながら、もちもち系なロッドでキャストからリーリングまで、超快適に使用出来ます。

また、この釣りはデカイのが反応する事が多いのと、カバーや障害物を絡めながら使う事もあるので、ラインはフロロカーボン16lbがオススメ。

 

今回ご紹介した釣りは、魚が出れば基本的にサイズも期待できる釣り方。良い瞬間を捉えることができたら連発なんてこともありますので、是非春のレベルスピンの巻き展開にチャレンジしてみてくださいね!!

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。