ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メジャークラフトの次世代エギングロッド「エギゾースト5G」を解説

ヒロセマンによる餌木蔵劇場vol.5が公開されています。

話題の主役は餌木蔵に追加されたNEWボディ、発色なしの「クリアボディ」。

実釣ではタフコンながら、タフコンにこそ強いクリアボディが火を噴き、アオリイカをキャッチ。

その実力を見せつけてくれたクリアボディだったのでした。

餌木蔵の新色についてはコチラもチェック

メジャークラフトの「餌木蔵」のクリアボディを徹底解説!【ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.5開幕】

そして、もうひとつ注目なのがヒロセマンが手にするロッド。エギゾースト5Gです。

5Gをサクっと解説!

エギゾースト5Gは、メジャークラフトが送り込む次世代ロッド「5G」シリーズのひとつ。

クロスライド5G、鯵道5G、ジャイアントキリング5G、そしてエギゾースト5Gとこれまでのメジャークラフトの人気シリーズやジャンルが続々と5Gにラインアップされていきます。

5Gについてはコチラもチェック

メジャークラフトから次世代のロッドシリーズ「5G」が登場!

5Gシリーズに共通するのは「R360構造」と「トレカT1100G」の採用。軽量で高感度のブランクが特徴です。

「R360構造」はブランクのカーボン繊維の向きを「ストレート(縦)」「サイド(横)」「フェード(右斜め)」「ドロー(左斜め)」方向に配置するもので、ブランク表面のカーボンテープ補強とは異なり、ブランク自体を多軸方向のカーボンシートで構成したもの。

で、これをブランクセクションごとに調整することで、360度あらゆる方向の力にも対応できるブランクスとなっています。

エギゾースト5Gの特徴

さて、それではエギゾースト5Gの解説動画もチェックしてみましょう!

軽量&高感度はもちろんなのですが、ヒロセマンが力説するのは万人が投げやすい、アタリが取りやすいロッドとなっているという点。

ピーキーではなく扱いやすい、そのあたりはメジャクラならではといえそうです。

また、ガイドにもコダワリが。ティップ部には軽量なカーボンフレームSiCガイドを搭載、ブレがなくなり振り抜けのよさと飛距離をさらに高めてくれます。

チューブラーモデルとソリッドティップのショアティップランモデルの5機種がラインナップされ、発売は初夏を予定しているとのこと。

メジャークラフト公式「5G」シリーズ詳細ページはこちら

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。