ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬バス対応】Fuji工業の新感覚ルアー・シンカー遊動リグ「リグスベル」の相性がいい使い方

ラインが滑るロッドガイドが元ネタ。

シンカーなどをセットしてフリーリグや、キャロなど幅広いリグに対応するアイテムで、2020年10月には新たに3種類が登場、全7種となったFuji工業のリグスベル

 

バス、ソルト、ルアー、エサ問わず、いろんな使い方・可能性が広がっていますが、ことバスにおいてはこんな使い方も相性がバツグンのようで。

 

リグスベルに相性がいいこんな使い方

2つの相性がいい使い方をSNSで紹介しているのは、JB TOP50のエグシュンこと江口俊介さん。

 

①:フリーリグ リグスベルセッティングVer

 

この投稿をInstagramで見る

 

江口俊介(@raidjapan_eguchi)がシェアした投稿

使ってますねぇ、リグスベル。で、リグスベルを使うメリットについては、「フォール時のシンカーとワームの距離を広げアクションの緩急をアップし、フリーリグの効果を更に増大させたい時に欠かせない存在」とのこと。

要は、ロッドガイドのように極めて滑らかにラインが滑るので、シンカーが着底するタイミングが通常のフリーリグより早い。つまり、フリー状態でフォールする距離が長く、メリハリのあるアクションを演出できるというのがメリットのようです。

で、もう一つのポイントは「フリーカシメタイプ」を使用するということ。

 

「極力リグをシンプルにしたいので、余計なパーツを増やしたくない」というのが理由。たしかに、シンプルであればあるほど違和感を与えないし、ゴミなどを拾うトラブルも軽減できそうな。

出典:「江口俊介」公式Instagram

 

②:瞬テキ Verフリーリグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

江口俊介(@raidjapan_eguchi)がシェアした投稿

寒い時期のテッパンリグになりつつある「瞬テキ」のフリーリグVer!

そもそもライトテキサスがベースとなっている「瞬テキ」は、ラインスラックを使ったリフト&フォールで、リアクション・喰わせをランダムに演出できるのが魅力のリグ。そのため、重すぎるシンカーでは少々やりづらい…というのがネックだったのですが、フリーリグセッティングにすることで解消。カバーの中やテトラなど冬の定番ポイントをガンガン攻められるという。

セッティングはフリーリグがベースとなるため、こちらもリグスベル「フリーカシメタイプ」を使用

 

ちなみに…リグスベル「フリーカシメタイプ」【LSM-NOR2.5/SN】とは

カシメタイプを採用した極小設計のプロ仕様タイプ。

ワームフックの直付けや、こだわりの スプリットリングやスナップ、シンカーなどと組み合わせ、オリジナルのリグスベルを作成できるのが最大の特長。また、カシメ部分にビード加工(凹状にラウンド)を施す事で強度UPすると共に、内面のR形状によりシンカー等の動きをスムーズになるそうです。

富士工業公式「リグスベル」詳細ページはこちら

 

寒くなるこれからの時期、この2つのリグ押さえておいて損はないかも!

 

リグスベル関連情報はこちらからチェック

ガイドでおなじみ!Fuji工業が手掛ける人気アイテム「リグスベル」にNewモデル3種が登場!

【ラインがスベる・いろんなリグが組める】ガイドでお馴染み「Fuji工業」が手掛ける便利なやつ。

出典:YouTubeチャンネル「FujikogyoCoLtd」

出典:YouTubeチャンネル「FujikogyoCoLtd」