ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【3つのパターンで完落ち】鈴木基悦(もっくん)秋のオカッパリメジャーリバー攻略/キラーズベイト・カブラタ・レスト

寄稿:鈴木 基悦(すずき・もとよし)
秋のバス釣り特集

こんにちは。紀ノ川をホームに、全国をオカッパリで釣り歩いているさすらいのバサー、鈴木基悦(もっくん)です。

台風が1つ、また1つと過ぎるたびに朝夕が涼しくなってくるこれからの時期、いわゆる「秋爆」を求めて釣りに出掛ける人は少なくないと思います。

秋にはターンオーバーという、下手すりゃ真冬よりも釣れないのでは…レベルのやっかいな現象もありますが、今回ご紹介する紀ノ川のようなリバーフィールドではターンオーバーに悩まされることもほとんどありませんので、この秋は是非リバーフィールドにチャレンジしてみてはいかがでしょう!?

今回、この原稿を書くために紀ノ川に短時間釣行して、グッドサイズも登場!それも踏まえて、僕なりの秋のメジャーリバーオカッパリ攻略法3選をご紹介してみたいと思います。

鈴木 基悦(Motoyoshi Suzuki) プロフィール

通称「もっくん」。和歌山県のメジャー河川「紀ノ川(きのかわ)」がホームグラウンド。長年にわたりほぼ毎週、紀ノ川でオカッパリを続け、紀ノ川で2度のロクマル捕獲の実績アリ。また遠征釣行も大好きで、関東・霞ヶ浦遠征(直近の目標はカスミでの50cmUP捕獲)と、淡路島~四国遠征を毎年欠かさず行っている。最近は淀川(大阪府)への通い込みも行うなど、活動範囲を広げている。得意ルアー・テクニックはキラーズベイトのスローローリングとカブラタのネコリグ。 またロッドビルダーとしても活躍中で、DESIGNOカスタムパーツを使用したオリジナルロッド「ジェノクロス」を製作。今まで製作したロッド本数は30本を超える。ガンクラフトフィールドスタッフ/DESIGNOカスタムパーツモニター

 

パターン1:キラーズベイトで台風後のドチャ濁り攻略!

台風がよく到来するのこの時期、絶対に外せないルアーはキラーズベイト(オリジナル)の#09ブラックカラー、もしくはキラーズベイト・オーバーを使ったマキモノパターンです。

ガンクラフト公式「キラーズベイト」「キラーズベイトオーバー」詳細ぺージ

 

「雨」がポイント

この巻きモノパターンは“大雨後に濁りが入った際”にはまさに無敵の強さを発揮。

 

狙い目は大雨直後もしくは数日後、流入河川からクリアな水が入り始めたタイミング。

流入河川のカレントが効いた部分はもちろんですが、紀ノ川のモンスタークラスはむしろ濁りとの境目(マッドライン)に潜んでいます。

 

バスが向いている方向をイメージしてのトレースがキモ

ここでのキモはトレースの仕方

なるべく、マッドライン上を長く引けるトレースラインを考えてキラーズベイトを巻くのですが、バスは必ず濁りの強い側に潜んでいます。

そこで、流れの向きに合わせてバスの頭が向いている方向をイメージしながらトレースラインを選択します。

 

もちろん1キャスト目に食ってくることがもっとも多いのですが、数キャスト目に食ってくることもしばしばあるので、ここぞ!というポイントではしばらく粘ってみるのも大切です。

また、かなりバスが入れ替わり立ち替わりしているため、良いポイントなら短時間おきに何度も入り直してみるのも吉ですね。ハマれば連発もあり得るのがこのパターンです。

 

濁りの度合いでルアーを使い分ける

雨の降り始めで、まだ濁りが入りきっていないタイミングなら…超強波動が特長のキラーズベイト・オーバー

 

一方、すでに濁りが入ってしまっていれば、カラーアピールの強いオリジナルのキラーズベイト。カラーは#09ブラックが個人的に高実績です。

#09 ブラック

 

ネタ作りの釣行で…55オーバーも登場!

実は…今回この原稿執筆のご依頼をいただいたタイミングで、ネタ作りのために大雨後の紀ノ川に短時間釣行。

そこでキラーズベイト(オリジナル)の#09ブラックカラーにて狙い通り(このサイズともなるとむしろ予想外!)の55センチクラス捕獲に成功!

 

濁ったタイミングでのキラーズベイト、ほんと間違いなしです!

 

キラーズベイトのオススメチューン

僕はキラーズベイトを使うとき、ちょっとしたチューンを行っています。

それはワッキーチューブをアーム根元に装着するという方法。これを行なえばアーム伸びが激減し、結果キラーズベイトがものすごく長寿命化されます。

 

やり方は至ってシンプルで、φ4ミリのワッキーチューブを7~8ミリくらいの長さにカット、それをアーム根元に伸縮装着するだけ。

 

アーム伸びにくくなればフッキング率も上がる気がしているので、是非キラーズベイトを使用する際はお試しあれ。

 

1 / 3
次へ