ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メガバススピナーベイトシリーズの真打か?!秋のハイシーズンに使いたい「SV-3」!

秋と言えば巻きモノ。

中でも特に「スピナーベイト」なイメージがあるのは記者だけではないはず。

適水温になり広く散るバスを効率よく探れるだけでなく、まだ夏の名残のあるベジテーションや、カバー周りなんかを臆せず巻けるワイヤーベイトの1つ。

そこで、今回注目するのは7月の登場が記憶に新しいこんなスピナーベイト。

 

SV-3【メガバス】

2020年のメガバス注目のプロジェクト“リビングレジェンド”の1つ「SV-3」。初代Vシリーズのスピナーベイトが誕生して今年で33年、メガバスの最新技術を注ぎ込み、ついに完成したスピナーベイト。

メガバス公式「SV-3」詳細ページはこちら

 

「SV-3」4つの特長

LSAA WIRED PLATFORMING

ナチュラルな水平姿勢のスイムバランスを生み出すだけでなく、アクションブレイクから瞬時の姿勢変化を生み出し、瞬間的なスイム姿勢への復帰をもたらすメガバス独自の新たなフォーム「LSAA(Level Swimming Angle Arm)」。キャスト時の空気抵抗を減らし、魚にとって視覚警戒要素にならないようステルス化を目指し、最小限コンパクトにフォーミングされた独自の設計。

また、耐久性を飛躍的に高めた極太の鋼線を採用しているにも関わらず、最大級の強波動バイブを伝達。あらゆるストラクチャー侵入アングルからのスナッグレス効果を高めつつ、驚異的なフックセット率を誇るというのも特筆すべき点。

 

DROP&DELTA BALANCING HEAD

超高速リトリーブでも驚異の直進安定性と、障害物接触時には瞬時のヒラ打ち明滅を発生させる、膨大なテストから生まれたヘッド形状。接触による姿勢変化からの瞬間的な姿勢復帰の復元性の早さも魅力。

 

INCREDIBLE SV-BLADE

平面とR面の2面融合が生み出すエッジの立った鋭いバイブレーションと激しいストロボ明滅を広角に発生。回転角の変化がもたらすメリハリの効いた明滅と手元まで確実に伝達されるエッジの立ったバイブレーションと強波動を発生。

 

HIRAMEN SKIRT

ブレードの振動とリトリーブ速度に応じてたなびき、タイカブラを彷彿させる独特な生命感をもたらします。なお、フォール中やスローリトリーブでもフラットカットワームのように艶めかしく揺らぎ、いかなる時もナチュラルリアクションを発生。

 

動画で水中アクションをチェック

出典:YouTubeチャンネル「Megabass Channel」

 

関連記事もチェック

【新進気鋭のNEWスピナーベイト】メガバス「SV-3」を琵琶湖プロガイド杉村和哉が語る

【SV-3 エスブイスリー】megabass伊東由樹が33年目のVシリーズスピナーベイトの最新作を生解説

メガバス最新テクノロジーが注ぎ込まれたNEWスピナーベイト「SV-3/エスブイスリー」が気になる。

 

スペック&カラーラインナップ

タイプは4つのブレードタイプに、1/4~3/4oz.まで、5パターンのウェイトがラインナップ。

 

1/4oz.:¥1050(税別) 3/8oz.:¥1050(税別) 1/2oz.:¥1050(税別) 5/8oz.:¥1100(税別) 3/4oz.:¥1100(税別)

 

カラーラインナップ

カラーは全10色がラインナップ。

 

秋のハイシーズンにぜひ。

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。