ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル】杉山代悟のDaigo Style ビッグバッカーdeショアジギングin兵庫県・神戸沖堤防

ジギング特集

秋の釣りシーズン本番!

休日はどこに、何を釣りに行こうか、最も迷ってしまう季節ですね。

日中の暑さも和らぎ、朝晩もかなり涼しくなり、快適に過ごせるのも秋のよいところです。

爆釣の秋、よくばりに美味しいターゲットを狙ってみませんか?ということで、オススメしたい釣り場が沖堤防!

沖堤防ってなんだ?という人は、こちらの記事もどうぞ!

【ジャッカル】軽くて新しくなったBRSでショアジギング!2本持ち込むと、何かと楽しめますよ!

 

沖堤防ではマイ釣り座を確保して、ひたすらキャストを繰り返します。いわば、回遊待ちの釣りです。

もちろん、釣り人が少なければ足で稼いでいくのも手ですが、メジャーな沖堤防には釣り人も多く、マヅメ時などのチャンスタイムは、釣り座はほぼ固定になります。

「そんな釣り場で、いったいどのように攻略するの?」

その答えは…

自分が得る情報に加え、周りの状況もチェック。めまぐるしく変わるポイントの状態にアジャストする。

そして、チャンスをものにして、ターゲットを確実にキャッチする。

これが、沖堤防のオキテではないでしょうか!

「で、具体的にどう攻めたら、魚をキャッチできるの?」

お任せください!沖提ラバーなみなさん&沖提デビューしたいなぁと思っているみなさんに伝授!

ジャッカルの杉山代悟君のメジャー沖堤防攻略法をご紹介します!

杉山代悟のDaigo Style ビッグバッカーdeショアジギングin兵庫県・神戸沖堤防

実釣場所は、超人気の兵庫県・神戸沖堤防群

関西エリアのショアジギングマニアなら、神戸沖堤防人気は周知の事実。

特に青物狙いの釣り人の人気が非常に高く、時には定員オーバーになり、渡船がストップすることもあります。

沖堤防といっても、神戸エリアにはたくさんあるのですが、その中でもダントツの人気を誇るのが、通称ポーアイ沖。

ポートアイランドの沖という、外海に面しているポイントに位置するため、ブリやサワラといった大型の青物をはじめ、タチウオの群れもいち早くとらえることができるため、人気となっています。

 

そんな超メジャー場を、代悟君はどのように攻略していくのでしょうか?

(取材協力:神戸松村渡船

まずは、誰もが集中力が高まる朝マヅメの時間帯。

代悟君が選んだのは、ビッグバッカーフォールトリック103。

その理由は、圧倒的な遠投性能と、レンジ把握のため。

ジャッカル「ビッグバッカ―フォールトリック」。弱った小魚を演出するシミ―フォールで、ターゲットを魅了。NEWシンキングペンシル登場

代悟君が使用していたこの日のタックル(ロッドはBRS-S100MH-SJ、ラインはPE2号)で、なんと100m弱の飛距離を達成!これで遥か沖も探れます。

また、このフォールトリックは比較的表層レンジを誘うのが得意なルアー。朝イチの時間帯に表層に鳥やベイトが確認できたので、このルアーをチョイス。

 

そして、次に代悟君が取った行動が、状況を常にチェックすること。

朝マヅメのチャンスタイムには、代悟君を含め周りの釣り人にもヒットはなかったものの、状況も変化して、ベイトが目立つようになってきました。

ベイトの群れが水面付近に確認できたり、ボイルやナブラが発生したり、まずは目に見える情報をとらえる。

こういった、海の状況を把握するのはもちろんですが、それ以外にも、キャッチしている釣り人のルアーなどをチェックします。

沖堤防では横一列で釣り人がキャストするので、近くの誰かしらにヒットがあれば分かりますし、そのルアーが何であったのかを把握することは、大切な情報収集の1つです。

どのレンジで、どんなルアーに魚は反応しているのかを絞っていき、正解値に近づけていきます。

そんな中で、代悟君がローテーションするルアーは、ビッグバッカーシリーズ。

先ほどパイロットルアーに挙げたビッグバッカーフォールトリックの103と84の2サイズをベイトの大きさや出したい飛距離に合わせて使用。

また、表層付近をゆっくりしたアクションで誘いたい時に、ビッグバッカースピン。20、30、40gのサイズ展開

そして、沖堤防ショアジギングでの定番・メタルジグ。細身タイプのビッグバッカージグ・スライドスティックと、後方重心で遠投できるビッグバッカージグの2種類です。

ビッグバッカーシリーズのルアーはこのようにたくさんのラインナップがあって、さらにはミノーやメタルバイブ、ソフトルアーのタイプまで、多彩な顔ぶれになっています。ですので、状況に応じてルアーをローテーションすることで、ターゲットにアプローチできるという訳です。

その結果…

ビッグバッカージグ40gで大型サバ!

ビッグバッカージグ・スライドスティック30gでツバス!

激戦区の神戸沖堤防で、見事に2尾の魚をキャッチすることに成功しました。

具体的なゲーム展開を知りたい!という人は、こちらの動画をぜひご覧ください!

沖提ラバーのみなさんも、この秋にデビューしたいなと思っている方も、ぜひこの代悟君の攻略法を参考に、沖堤防の釣りを満喫してくださいね!

関連記事

ジャッカル「ビッグバッカ―フォールトリック」。弱った小魚を演出するシミ―フォールで、ターゲットを魅了。NEWシンキングペンシル登場

ショアジギングのシーズンですよ!ジャッカルのビッグバッカーシリーズに新しい仲間の登場で、さらに楽しさ広がる