ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ショアジギングのシーズンですよ!ジャッカルのビッグバッカーシリーズに新しい仲間の登場で、さらに楽しさ広がる

ジギング特集

ショアジギングといえば、メタルジグをフルキャストして、ガンガンシャクって…というイメージがあると思いますが、実際はメタルジグだけじゃなく、時間帯に応じてメタルバイブやスピンテール、プラグといったメタルジグ以外のルアーも投入し、いろんなターゲットを狙うのが、定番化しています。

特に、渡船利用の沖堤防などで回遊待ちとなる場合は、いろんなルアーを試してみたいし、複数のタックルを持ち込むこともできるので、ジギング&キャスティングゲームで多彩なターゲットを狙いたいところです。

そんな、ショア青物アングラーに人気なのが、ジャッカルのビッグバッカーシリーズ。

ビッグバッカーといえば、超ロングセラーで、青物ゲームのど定番のメタルバイブが真っ先に浮かぶかと思います。

ビッグバッカー107 鰤カスタム

飛距離もでるし、アピール度も高く、あらゆるターゲットにアプローチできるのも魅力。

そして、ただ巻くだけ、というのもビギナーさんにも優しいですよね。

そんなビッグバッカーシリーズの中に、満を持して登場した、注目のアイテムがあるので、ご紹介しましょう!

ビッグバッカースピン【ジャッカル】

名前の通り、スピンテールジグです。

このビッグバッカースピンの特徴は、スピンテールジグにありがちな弱点を解消しているところです。

①ロングラインアイ

この手のルアーでよくあるのが、フックやブレードなどへのラインの絡み。俗に言う、エビ状態です。

エビになると、せっかくキャストしてもすぐに回収しなければならず、ストレスが溜まります。

しかし、このビッグバッカースピンは、それを防止するために長いラインアイを設けているので、糸絡みんどのトラブルを軽減。時合も集中してキャストができます。

②ブレードバイトに対応

スピンテールジグはブレードがクルクルと回転し、安定したリトリーブと、フラッシングによるアピールでターゲットを誘いますが、このブレードにバイトしてくることが多いのも事実。

そんなブレードバイトもしっかりフッキングできる、テールアームとフックセッティングが採用されているので、ターゲットのバイトを逃しません。

③ボディへのフック絡みが軽減

青物対応のため、大きめの太軸フックが搭載されているビッグバッカースピン。このタイプのルアーによくありがちな、ボディへフック絡みですが、ボディに干渉しないようにセッティングされているので、ストレスフリー!

と、こんな感じで、ビッグバッカースピンはストレスなく釣りに集中できる、釣り人に優しいスピンテールジグとなっています。

ツバスやハマチといった青物から、サゴシ、サワラ、シーバス、さらにはマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュまでがターゲットのビッグバッカースピン。

この夏、堤防で、サーフで、河川で、思いっきりキャストして、多彩なターゲットを狙ってみてはいかがでしょうか!

水中映像もあり!動画もぜひご視聴ください!