ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タチウオゲーム。時合を過ぎたら「太刀魚道場」

タチウオゲームにおいてスイッチがなかなか入りづらいタイミング。

特にワインド系の攻めに反応が芳しくないって時に試していただきたいのがメジャークラフトの太刀魚道場シリーズ。

テンヤ型ジグヘッド「太刀魚道場・どじょうヘッド」と「太刀魚道場・どじょうワーム」2種(ピンテールとシャッドテール)、そしてそれらがセットになってパッケージを開けたらすぐに使える「太刀魚道場・スタートキット」があります。

そのような時間帯ではアピールし過ぎず飽きさせない、スローなアプローチやタダ巻きが効いたりするのですが、そういった攻めに向くのが太刀魚道場。

使い方は、基本はタダ巻き。難しく考えずに、まずはタダ巻きから始めてみるとイイでしょう!

また、タダ巻きの中に時折軽いシェイクからのリフト&フォール(これもスローでOK)を織り交ぜると効果的な場面もあります!

 

太刀魚道場・どじょうヘッド

オカッパリ用タチウオテンヤをベースにしたジグヘッドが「太刀魚道場・どじょうヘッド」。

ワームの腹辺りをめがけてバイトした際にリグをを引き込み、下向きのフックにカツーンと掛かる、そんな形状です。

7、10、15、20、30gとウエイトがありますが、タダ巻きと時折のリフト&フォールなどが効果的なので、釣りができる範囲で軽いものからセレクトしてみるといいでしょう。

【太刀魚道場どじょうヘッド詳細ページはこちら

太刀魚道場どじょうワーム・ピンテール

ワームは2タイプあり、微波動・ナチュラル系がこちらのピンテールタイプ。

タダ巻きでチロチロ~ッと微波動を出したり、タダ巻きから軽いシェイク、シェイク後のテンションフォールなどより静かめな誘いがグッド。

 

太刀魚道場どじょうワーム・シャッドテール

太刀魚道場・どじょうワームのシャッドテールタイプも基本的なアクション方法はピンテールと同様。

ピンテールと比べてテールでの波動が少し大きくなるので(といってもナチュラル系)、どちらがイイというよりはどちらも使ってみると攻略の糸口がつかみやすいですよ!

なお、太刀魚道場・どじょうワーム2種はいずれもスリットが設けられていてフックセットもしやすい!

お手軽に装着できますのでビギナーでも安心!

【太刀魚道場どじょうワーム詳細ページはこちら

太刀魚道場・スタートキット

そんな太刀魚道場の「どうじょうヘッド」と「どじょうワームシャッドテール」、「ワイヤーリーダー」、「トレブルフック」がセットになったモノがスタートキット。

すぐに使えるので現場で役立ちますし、まずはこれから購入してイイ感じであればさらに買い足していくってのもアリです。

ウエイトは5種(7g、10g、15g、20g、30g)でワームカラーは超夜光とピンクグローの2種類。

【太刀魚道場てんやスタートキット詳細はこちら

関連動画

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。