ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよハイシーズン目前】東京湾ガイド船の現役船長「須江一樹」厳選!これからが旬の”4つ”の釣り

寄稿:須江一樹

こんにちは!横浜アイランドクルーズ船長の須江一樹です!

残暑が厳しく、まだまだ夏本番かのような暑さの東京湾ですが、確実に水の中には秋が訪れつつあります。そこで今回は、これからハイシーズンを迎えるシーバスを中心に、チニングとマゴチ、青物と4つの釣り物をお伝えしたいと思います。

須江 一樹(Sue Kazuki) プロフィール

横浜の東京湾シーバスガイド「アイランドクルーズ」の船長として東京湾を案内する傍ら、休みの日は船・オカッパリ問わず関東各地の海に釣りに出かけるホンモノの釣り好き。横浜市在住。

 

①:シーバスゲーム

まずはシーバスから!秋は東京湾ボートシーバスのハイシーズンとされているシーズンです。

 

例年は10月半ばから12月後半までとされているハイシーズンの期間ですが、去年は9月初めに始まっており、今年に関してはなんと8月後半に始まってしまいました。ここでいうハイシーズンとは、コノシロパターンの始まりを指します。コノシロパターンとは、20センチを超えるコノシロ(コハダの大きくなったもの)を捕食している大型のシーバスをビッグベイトや大型のトップウォーターで釣る釣りで、東京湾ボートシーバスの代名詞となりつつある釣りです。

そんなコノシロパターンのビッグベイトの釣りに今年ものすごく期待したいルアーがHIDEUPから登場します!その名は「N-GREEDIE(エヌグリーディー)」です。

 

HIDEUPスタッフ乃村さんが開発したルアーで、日本全国はもとより国外でもテストを重ねた魚種問わずオールマイティに釣れるルアーです。全長10センチと本来ビッグベイトと呼べる長さではないものの、ウェイトは43グラムあり、手に取ってみると10センチとは思えない存在感の有るルアーで、10センチながらビッグベイトと呼ぶことのできるルアーだと思っています。

コノシロパターンのビッグベイトの釣りで、非常に重要なファクターとなっているのはレンジです。

コノシロのレンジに合わせてルアーを使い分けることでシーバスのヒットを誘うのがコノシロパターンのビッグベイトの釣りですが、N-GREEDIEはミノーアイとバイブレーションアイの2つのアイを備えており、アクションはもちろんですが、アイで潜行深度を調整することでシーバスのレンジに合わせることが出来ます。

 

ミノーアイで1m、バイブレーションアイで2.5mの潜行深度となり、浅めのレンジを攻めたいときはミノーアイ、深めのレンジを攻めたい場合はバイブレーションアイを使用します。鼻のアイにクイックチェンジシンカーをセットすることで、さらに深いレンジを攻めることも可能です。

ビッグベイトに反応が悪いタイミングには、昨年からハイシーズン問わずボートシーバスの強力な武器になっているHUミノー111Sが有効です。コノシロパターンはすべてがビッグベイトで完結できる訳ではありません。ミノーが有効な場面ももちろん存在します。

 

使い方としては、ジャークやトゥイッチなどのロッドアクションももちろん有効ですが、基本的にはタダ巻きがメインのアクションです。比較的ゆっくりとしたタダ巻きを中心に1キャストの中に1回か2回、ストップや早巻きなどリトリーブスピードの変化を加えてシーバスのバイトを誘います。

カラーは上から「ファットコノシロ」「チャートバックオレンジベリー」「グリーンチャート」がおススメです。

 

オールマイティなのはファットコノシロ。また、コノシロだらけの群れの中で釣りをする場合はチャートバックオレンジベリー。そして、濁りが入ったりとにかく群れの中で目立たせたいときはグリーンチャートというイメージで使用。

ちなみに「ルアーが目立って不自然だから喰わない」と感じたことはコノシロパターンでは僕的にはありません。とにかくルアーは目立った方がバイトは得られやすいと感じています。

 

推奨タックルはこちら

■N-GREEDIE用

ロッド:HIDEUP HUMRC-77MH-5
リール:tailwalk WIDE BASAL 81R
ライン:VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x4 #3
リーダー:VARIVAS ショックリーダー [ナイロン]40lb

■HUミノー111S用

ロッド:HIDEUP HUMRS-72ML-2
リール:tailwalk SPEAKY 3000HGX
ライン:VARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワー X8 ステルスグレー 1.2号
リーダー:VARIVAS VEP ショックリーダー [ナイロン]25lb

 

1 / 3
次へ