ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

このスッテはどっちも主役。林釣漁具製作所のイカメタル用「センコウスッテ」と「桐スッテ」

寄稿:氏家 隆
エギング&イカメタル特集

みなさんこんにちは。「HAYASHI」のフィールドスタッフ氏家 隆です。

先日はロッドが重要だというお話をお伝えしました。

感度が良いいロッドはアタリが取りやすかったりと重要であることは間違いありません。ただ、実際に水中でイカが目にして餌だと思い抱きついてくるものといえば…そう「スッテ」です。

というわけで、今回も私が開発に携わった「スッテ」のお話をしたいと思います。

 

氏家 隆(Ujiie takashi) プロフィール

石川県在住。林釣漁具製作所アンバサダーでイカメタル、エギング、オフショアジギングなど幅広い釣りに造詣が深いマルチアングラー。

 

そもそもイカメタルに使用するスッテとは

ここで、イカメタルの基礎的なお話を少し。

イカメタルには大きく2つの釣り方があると考えています。1つは潮の速いときや、少しキャストをして広く探るときなどに”オモリ”を使用する「オモリグ」と呼ばれる仕掛けを使った釣り方。

こちらは基本的に小さめのエギなどを使用することが多く、オモリの先にエギがついているので潮が速ければエギが先行して流れ、イカにアピールするという仕掛けです。

もう一方のほうがどちらかというと一般的でしょうか。鉛スッテとドロッパーを使用した釣り方になります。

こちらはオモリは使わずに、下側にセットする鉛スッテの重さで棚まで沈める仕掛けです。

イカメタル用のスッテにはこの「鉛スッテ」と、その上側にセットする”ドロッパー”と呼ばれる「浮スッテ」の2種類があり、今回ご紹介する1つは「鉛スッテ」、そしてもう1つは「浮スッテ」になります。

 

1 / 3
次へ