ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ティクトの注目NEWアジングロッド「スラムUTR-61HS-T2」と「スラムUTR-61FS-T2」の使い分けをトミー敦が解説

ルアーニュースRの姉妹サイト「Vish」の人気動画番組「トミー敦のあじすた!」。

 

トミー敦のあじすた!」は、スタイリッシュアジンガー・トミー敦(富永 敦・とみながあつし)がアジング界のスターを目指すという番組。

この番組では、最新アジングテクはもちろん、キャンプや料理など釣りとリンクした外遊び全般を楽しむという、トミー流・アウトドアライフをゆる~く紹介!

トミー敦 (Tommy Atsushi) プロフィール

…日本海・北陸・四国・中国エリアが昔からのホームグラウンド。ただ現在は日本各地でアジングを行っていて、どこがホームか?わからなくなっているそうな! 幼少期のフカセ釣り、渓流などあらゆる釣りを経験。現在はメバリングとアジングなどSWライトゲームの世界をストイックなまでに追求中! 釣り以外の趣味はキャンプ! 富山県出身、大阪市在住。1984年4月生まれ

 

そんな「トミー敦のあじすた!」の最新作・第4回が現在、配信されています!

トミー敦が潮流が速いエリアでの「瞬間的な時合と食わせるアクション」について実演解説【トミー敦のあじすた!】

 

さてそんな「トミー敦のあじすた!vol.4」でトミー敦が投入したロッドがティクトの注目NEWアジングロッド「NEWスラムUTR-61HS-T2」と「NEWスラムUTR-61FS-T2」。今回はその2本のタックルセッティング、そしてその使い分けについてトミー敦が動画で解説してくれました!

 

アジングロッド「スラムUTR-61HS-T2と「スラムUTR-61FS-T2」のタックルセッティングと使い分けをトミー敦が解説

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

重ためのジグヘッドに特化させ、ソリッドティップにパワーと張りを持たせたHS(ハードソリッド)モデルと、軽量ジグヘッドに特化させた極細ソリッドティップ搭載のFS(フィネスソリッド)。

HSにはシンキングPE「ライム」、FSにはエステルのジャック・ブライト、リーダーはライトゲームコンパクトショックリーダー「ボルドーレッド」をマッチング。

これが今回、シチュエーションごとに最適なリグをイメージ通りに扱えるタックルセッティング。自分のフィールドに合ったタックル選びでさらに釣果を狙えるはず!

 

ティクト関連記事もぜひチェック

あのティクト「スラムUTR-61」が2タイプのソリッドティップが搭載されフルリニューアルデビュー!

【視認性と感度もバツグン】結束時に見やすいリーダー!ティクトの「ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド」に注目!

【エステルライン感覚で使える】ティクトの「ライム」は”沈む”PEライン。

【竿抜けポイントに直撃】飛距離とアクションで梅雨メバルを攻略!ティクトの新作「フロッパーブロス55」。

 

ティクトの2020年新製品を一気に紹介【NEWスラムUTR61・メタグリップ・X-pacのミニマリズムほか】