ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏バスに必須!デプスフィールドテスター「安江勇斗」のイチオシ6アイテムとは

寄稿:安江 勇斗

こちらの記事はもうチェックしましたか?

デプスのNEWワーム「ブルスレンダー」を2カ月ほど使い込んで感じたこと

イイ感じですよねぇ、ブルスレンダー。普段行くフィールドで早く投げてみたい。

で、記事を書いてくださったのは霞ヶ浦水系で活躍されているデプスのフィールドスタッフ安江勇斗さん。

安江勇斗(Yuto Yasue ) プロフィール

愛知県出身。WBSノンボーター出場をきっかけに霞ヶ浦が好きになり、茨城県に移住。 おかっぱり、レンタルボート(12ft)、バスボート、さらにトーナメントと、様々なスタイルでバスフィッシングを満喫しているアングラー。 2018年より霞ヶ浦でバスボートによるガイド業も行っている。デプスフィールドテスター、RYUGI フィールドモニター、1992年7月24日生まれ。

おかっぱり、レンタルボート(12ft)、バスボート、さらにトーナメントと、様々なスタイルでバスフィッシングを満喫している安江さんに「夏バスの楽しみ方」聞いてみました。

 

 

夏バスにはこのワームがオススメ!

デプス スターラーテール

deps公式「STIRRER TAIL」詳細ページはこちら

7月中旬〜8月下旬頃になると、霞水系では流入河川などを除く広い範囲でバスが高水温を嫌い、2m〜3mほどの深い水深に下がる個体が多くなります。

霞水系の水質で2〜3mになると、かなりの濁りかつ光量が少なく、バスは視覚より側線を使い生き物の波動を頼りに捕食を行うイメージがあります。

「スターラーテール」はリブのおかげである程度しっかりと存在感を常に出しつつ、程よくテールでアクションしてくれるのでこういった状況のバスに広く見つけてもらいつつバイトに持ち込む事ができます。

この状況で色々試したのですがスターラーテールが1番爆発力があったので今回ご紹介させて戴きました。

使用するエリアはハードボトム全般。リグはフリーリグやキャロライナリグがオススメで時間帯は真昼間ではなく朝夕ローライトと、少しでもバスが動くタイミングでの使用をオススメします!

 

夏のボックスに必ず入っているプラグとは

デプス NZクローラーJr.

deps公式「NZクローラーJr.」詳細ページはこちら

プラグも迷うトコロなのですが、強いて言うなら「NZクローラーJr.」はいつも持ち込んでいます。このルアーはプレッシャーにも強く、人の攻めた後でもバスを引っ張り出せる能力があると思っているからです。

キモはなるべく風がない時や風裏での使用。そして、あまり早く動かさずにパタパタアクションが止まるギリギリで動かす事。

この弱いアクションがスレバスにも効きます。カレントがある場合には上流から下流に向かって投げる事。カレントを生かして一点でのアクションが可能になります。

これもかなり効きますよ~!

 

オカッパリで持っていくならこの1本!オカッパリで使ってほしいオススメロッド

デプス GE-68MHRカバーゲームエレメント COVERGAME ELEMENT

deps公式「GE-68MHRカバーゲームエレメント COVERGAME ELEMENT」詳細ページはこちら

まず、1番のポイントはかなり丈夫なロッドということ!トルク感のあるブランクスで多少の無理は全然平気。ロッド表記の適切に扱える重量は1オンスまでの表記ですが、僕は3オンスのNZクローラーまで投げています(自己責任でお願いします)。

このロッドにある程度剛性感があり軽い物も投げられるようなリールを装着し、フロロカーボン20ポンド、又はPE50ポンド前後のラインのセッティングを多用しています。

リール自体をある程度軽い物を投げれる物を使用する事により、幅広いリグが投げられて、どこでも攻められるタックルとして重宝しています。

 

今このリールがアツい!使用しているリールはこちら

ダイワ タトゥーラsv tw

ダイワ公式「タトゥーラSV TW」詳細ページはこちら

リールは、タトゥーラSV TW を愛用。

そもそも使い始めたのが去年辺りなのですが、このリールの良さに取り憑かれました。

いじらなくてもある程度軽いリグも投げる事ができ、現行モデルより剛性感があり、価格も安く、社外のシャロースプールも安いと良いことずくめ。

キャスト時の細かいサミングとマグブレーキの相性も良く、トラブルがほぼ無くなりました。

 

利用すれば大きな武器に!イチオシ釣行支援アプリ

使っている人も多いと思うんですが、ヤフーの天気アプリをたまに使っています。

雨雲の位置が分かる雨雲レーダーが結構当たるので、雨が嫌いな方は要チェックです。笑

 

夏に必須!ぜひ真似してほしい暑さ対策

2020年度メンバー販売アイテム「depsサンプロテクト・タイツ」はかなり重宝しています。

着圧で疲れ難く、日焼けによる疲れを防ぎつつ、涼しく、藪漕ぎにもある程度強いので助かっています。素肌がむき出しで草むらに入ると痒みや切り傷は避けられませんしね。

個人的には、元々受け入れられないファッションでしたが…使用してみると快適で、オシャレに見えるようになりました。笑

 

安江さんの夏バスの楽しみ方、いかがでしたか。

さらに暑くなっていくこれからのシーズンに、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。