ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これから海釣りはじめるには必見!簡単に魚を釣る方法♪

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

こんにちは、トモ清水です。これから釣りを始めたいという方に必見な内容でお伝えしていきたいと思います。

「釣りはじめたいけど、まずどうすれば?」「まず何を揃えたらいいの?」「とにかくどんな魚でもいいから釣ってみたい!」「子供でも釣れる釣り方が知りたい」「難しいのは無理」「簡単、手軽、楽しい」と、せっかく釣りを始めるのなら、魚は釣りたいですよね!どうしても釣れなくて、難しいと、釣りって敬遠しがち。でも大丈夫。この記事を読めば簡単に釣ることが出来ます!

まず釣り場ですよね。川や湖、トラウトの管理釣り場など、淡水の釣りもオススメですが、今回は釣って楽しい、食べて美味しい、日本中のどこにでもある港の海釣りをおススメします。

海釣りの釣り入門として、サビキ釣りが代表的な釣り方として昔からありますね。何本も針が付いているサビキ針のセットを買って、アミコマセと呼ばれる撒餌(マキエ)になるエサを買って、小アジや小イワシ、小サバなど何でも簡単に釣れる釣りです。

私もこの釣りが大好きでよく子供たちとよく楽しみます。ファミリーフィッシングに最適。でも時々、仕掛けが絡んだり、コマセのエサの片づけが大変だったり、匂いが気になったり。それはそれで結構大変だったりもします。お父さんはこのトラブル処理で手一杯で、釣りに集中できない、という経験をお持ちの方も多いのでは。

そこでオススメなスタイルが「マイクロショアジギング」です。

この釣りはわたくしトモ清水が新しい提案として「誰もが簡単に釣れて楽しめる」釣りとして、最も注力、注目しているスタイルです。

ではどういう釣りかと言いますと、メタルジグというルアーを海に落とすだけ、投げるだけで簡単に実に様々のお魚さんがヒットしてきます。難しい操作は必要ありません。なんでしたら投げる必要もありません。落とすだけで釣れます。

オススメのメタルジグは「マイクロジグフラット」の3gや5gといった軽くて小さい、マイクロジグと呼ばれるものです。

このマイクロジグを落とす場所のおススメは、港内の岸壁際。出来るだけ際に落とすだけで、メバルやアナハゼ、ベラ、アジ、カサゴ、メッキ、ショゴ(カンパチの幼魚)など釣れてきます。もし落とすだけで食ってこない場合は、また少し釣竿を上げて、ジグを持ち上げて、また落とし直してあげます。それでも釣れない場合は、魚影が薄いと判断し、少しだけ落とす場所を変えてあげます。これだけでほぼ誰でも何かしら釣れます

 

このように足元にマイクロジグフラットを落とすだけ♪

子供にとってアナハゼでも釣れれば嬉しいし、楽しいんです!まずは魚を釣る、魚に触れる、というところから釣りを始めましょう。

次のステップとしては、キャストを覚える。メタルジグ(ルアー)を投げて(キャスト)、広範囲を探ることでさらに釣果アップします。メタルジグは金属(鉛)のかたまりですから、他のどんなルアーよりも遠くへ飛びます。簡単にキャスト出来るようになるでしょう。

マイクロショアジギング専用のソルティースタイル・マイクロショアジギングのロッドを使えば、さらに飛距離は出て、投げているだけで爽快、楽しいですよ♪

このマイクロショアジギングは、エサもコマセも必要がなく、マイクロジグを1個、糸に結ぶだけで簡単なことが分かりますね。ワーム釣りと違って、針にワームを差して整えるという行為も不要。フグにワームをかじられてワームを付け直すという行為も不要になってきます。つまり仕掛けが非常にシンプル。

しかも釣れる!

釣り入門に最適なのが「マイクロショアジギング」

今回の釣行で一投目、足元に落としただけで釣れた、私もビックリ、40cmオーバーのアイナメ。
マイクロジグフラット3gでヒット

お分かりいただけましたでしょうか。

これで世間のお父様、お母さん方も、子供たちの世話に手こずることなく、自分たちも釣りを楽しめ、釣果も得られます(笑)

釣りの準備も楽々です。エサで汚れる心配もいりません。

初心者だけでなく、釣りをやり込んでいる方にも最適で、素直に童心に戻れる魅力がマイクロショアジギングに詰まっています。

こんなかわいいサイズのメバルもヒット。リリース前提ですが、心を温かくしてくれる大好きな魚、それがメバルです

なぜなら、「これを釣らなくてはいけない」「大きい魚じゃないといけない」「たくさん釣らなければならない」といったある種のしがらみから解放され、魚が小さくても楽しめるし、ベラだってアナハゼだって、フグだって楽しめるんです!むしろタナゴ釣りやワカサギ釣りと一緒で、小さい魚だからこそ喜べる価値もあり、繊細さという楽しさもあるのです。

時々、今回の一投目で釣れた40cmオーバーのアイナメや、私の息子「琉亜(ルア)」が釣ったカンパチなど、大物フィッシュもヒットしてくるので、マイクロショアジギング最高です。

息子の琉亜(るあ)に過去ロケ中にヒットしたシオ(カンパチの幼魚)。真下に落として「チョンチョン」しただけでヒット。マイクロショアジギングは子供でも簡単に釣れる魅力があり、さらに大物のチャンスもあるのが魅力です!

 

コロナ自粛明け、約3か月ぶりに魚を釣った釣り歴50年くらいのベテラン立原さんもこの通り、アナハゼでこの笑顔。釣り歴が長いアングラーもマイクロショアジギング、最高に楽しめるのです!

ベラもよく引く魚で、どこにでもいます。塩焼きで食べるのがオススメ

さぁ、シンプルな「マイクロショアジギング」のタックルを持って、釣りをはじめましょう!

いつ始めるのですか?「今でしょ!」

密を避けられる釣りこそ、今はじめるにはもってこいのタイミングです。

こちらの動画や記事もチェックしてみてくださいね~

マイクロショアジギングの参考になると思います♪

マイクロショアジギングの沖縄人気ユーチューバーハイサイ探偵団との動画はこちら。

その沖縄の連載記事はこちら。

トモ清水のガッ釣りソルト「プライベート沖縄釣行~最終日(3/3)

マイクロショアジギングのニシング動画はこちら。

トモ清水のガッ釣りソルト「北海道ニシング開拓!」

トモ清水でした!

See you next time!

トモ清水、魚が小さければ小さいほど喜んでいます(笑)

水深によって、3gにしたり、7gにしたり、少しマイクロジグのローテーションをすればベスト

ボトム周辺を探れば、このようにタケノコメバル

安部ちゃんにタケノコメバルがヒット。模様がかっこいい魚ですね

港のスロープは浅くなっているので、朝や夕方の時間帯が狙い目です。これからメッキやシーバス、キス、メバルなど浅場で釣れます

ジグを遠投すればサバ、カマスなど小型回遊魚が釣れますよ~

■マイクロショアジギングタックル(スピニング)

ロッド:Abu Garcia SaltyStyle MicroShoreJigging SMJS-862UL-KR、SMJS-962UL-KR

リール:Abu Garcia Revo MGXtreme1000S、Revo ALX2000SH

ライン:Berkley ナノフィル・カラード0.5号

リーダー:バニッシュレボリューション7lb~10lb

ルアー:Abu Garcia マイクロジグフラット3~14g、マイクロジグスリム1~7g

マイクロショアジギングの製品ページはこちら