ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まさかのゲストも登場?!】人気急上昇中!アッシーこと”蘆原仁”の東京湾ボートチニング攻略

みなさん、こんにちは!

ハイドアップフィールドテスターのアッシーこと蘆原仁です。

今回は、人気急上昇!?これからの時期、まだまだ楽しめるチヌ(クロダイ、キビレ)のハイドアップルアーを使った攻略方法を紹介したいと思います!

蘆原 仁(あしはらひとし)

関東方面のライトゲーム全般が大好物。エリアトーナメンターとしても活躍中。生粋の超ライトゲームマニアだ。1981年生、神奈川県在住 ハイドアップスタッフ/サンラインフィールドテスター/ハピソンプロスタッフ

 

人気上昇中のボートチニングゲーム

かねてより東京湾のルアーゲームターゲットだったチヌですが、ここ数年、落とし込みスタイルではなく、比較的シャローなエリアをボトムコンタクトで狙って行くボートチニングゲームが流行っているんです。

 

今回は、この釣りをかねてより行っている羽田にあるガイド船「アングラーズスタッフ」に乗船してきました!

 

ポイントは、船着き場の近くや多摩川河口、羽田空港周辺を狙っていきます。この周辺はシャローでフラットなポイントが多く、根掛かりは比較的少ないものの、所々ボトムにゴツゴツとハードな部分があるのが特長。

これらチヌのポイントにはマゴチなどが混在している場合があるので、メインがチヌでもマゴチも狙えるルアーなどがあるとより楽しめることも。

 

効果絶大!使用リグ

チヌは、マゴチに比べるとできるだけ軽めのリグがおススメです。

今回チヌ狙いで使ったルアーは、ハイドアップの沈む虫系ワーム!?「コイケシュリンプ」のフリーリグ。

 

フックはオフセットタイプの♯1/0がおススメ!!シンカーは、下田漁具の鉄おもり3号を使用しています。

今回の主役「コイケシュリンプ」を少し紹介すると、ノーアクションでも魚を誘う「毛」の威力を活かし、ルアーそのものが持つ自然なアクションで気難しいバスを誘うコンセプトにプラスして、思わず「釣れそうだ!」と言うコンフィデンスが生まれる形状が特長的なルアー。元々は、バス用に作られたルアーで虫系にも見えるんですが、その名の通りエビなどの甲殻類系をイメージしたルアーの為、甲殻類を好むチヌ族にも効果抜群なんです。

また、特筆すべき点として、20色のカラーラインナップがあり、状況に合わせたカラーセレクトもできるというのも魅力。

まず結果から言うと、前回のサーフアジング続き…今回もバスルアーの威力が発揮された釣行となりました!

 

前回の記事はこちら

スタッガーでアジング?!じわじわキテる“サーフアジング”をアッシーこと蘆原仁が解説!

 

1 / 3
次へ