ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スタッガーでアジング?!じわじわキテる“サーフアジング”をアッシーこと蘆原仁が解説!

寄稿:蘆原 仁

みなさん、こんにちは!

ハイドアップフィールドテスターのアッシーこと蘆原仁です。

今回は、ハイドアップを代表するワーム「スタッガーオリジナル」のライトソルトゲーム「サーフアジング」での活用術をお伝えしたいと思います。

蘆原 仁(あしはらひとし)

関東方面のライトゲーム全般が大好物。エリアトーナメンターとしても活躍中。生粋の超ライトゲームマニアだ。1981年生、神奈川県在住 ハイドアップスタッフ/サンラインフィールドテスター/ハピソンプロスタッフ

 

スタッガーオリジナル×サーフアジング

昨今、ライトソルトゲームにおけるルアー(ワーム)は、非常にバリエーションに富んでおり、形や色は、何を使ったら良いのか!?と思われる方も多いと思います。

実際に私も様々なワームを使いますが、今回紹介する「スタッガーオリジナル」は、元々バスフィッシングから生まれたワームであり、私が多用する2インチサイズは、バスカラーのみの展開ながら、ライトソルトゲーム代表格のアジやメバルを始めとする様々なターゲットに非常に実績が高く、ここ数年での使用頻度が高くなっています。

ハイドアップ公式「スタッガーオリジナル2inch」詳細ページはこちら

 

今回は、私の所在地である神奈川県小田原市周辺で、ここ数年、脚光を浴びている「西湘サーフアジング」について「スタッガーオリジナル」の使い方を交えて解説したいと思います。

 

西湘エリアのサーフアジング

サーフアジングは、西湘エリアに限らず、全国的に見てもまだまだ開拓の余地がある釣りで、楽しさと開拓の難しさを兼ね備えています。

 

漁港とは違い、基本的に暗闇のサーフでは何の要素を頼りに釣りをすれば良いのか!?

当初は、本当に謎多き釣りでしたが、それは「スタッガーオリジナル2インチ」と共に切り開かれていきました。

 

1 / 3
次へ