ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

野池の釣果テッパン攻め!おすすめ「スモラバ」と「虫ルアー」と使い方を紹介

寄稿:村松恵太

皆さん!こんにちは! 村松恵太です。
今回はアフタースポーンの時期に効くオカッパリバス釣りでオススメな釣り方を紹介したいと思います。

村松恵太(Muramatsu Keita) プロフィール

静岡県のフィールドでオカッパリバス釣りを中心に活動中! バス釣り以外に、ソルト、管釣りにもチョコチョコ出撃しています♪

さて、アフタースポーンの時期に、自分が好きでよくやる釣り方は2つあります。
それは、スモラバと虫系ワーム攻めです!

アフター回復の個体なら強いルアーにもバイトしてきますが…ドアフターの個体は産卵後で体力が無いので、よりスローで食べやすいベイトを好む事が多く、よりフィネスアプローチがハマります。

なので、スローな個体を狙うのに動きがスローでアピール力もあり、かつ、表層、中層、ボトムの魚も狙える、このスモラバと虫系ワームという2種類のルアーを選んでいます。

 

スモラバ攻めで多用するのは「イガラバ」と「BFカバージグ」

では、まずは、スモラバ攻めのご紹介から!

以前にも記事で書いたことがあるのですが、自分が愛用しているスモラバは2種類あります。それは「イガラバ」と「BFカバージグ」です!

この2つのスモラバの使い分けはシンプルで…

イガラバはオープンからライトカバー
BFカバージグは地形変化やカバー

といった具合です!

 

アフター時期におすすなスモラバ「イガラバ」の使い方

イガラバは、90度アイで水平姿勢を保てるので、スモラバのスイミング(ミドスト)やボドムやライトカバーのシェイクもしやすく、ラバーも太めのシリコンラバーを使用しているので、水押しが強く小さいシルエットながらもアピール力が高めなスモラバです。


ジャクソン公式イガラバ詳細ページはこちら

 

イガラバで狙うエリアは…

・ライトカバー
・オープンウォーター
・ハードボトム、サンドバー
・縦スト、岩盤、岬、等

イガラバのアクションとオススメのトレーラーワームは?

アクションは、シェイクを加えながらのスイミングや物に引っ掛ける誘い方と、ボトムズル引きなどが有効です!

なおイガラバで自分がオススメするトレーラーワームはホッグ系とフィッシュ系です。基本的には自分の行く釣り場にいるベイトに合わせるのがベストです。

具体的にはフィッシュ系はステープルフライ2inch、ホッグ系はエグジグホッグ2.75inchがオススメです!

 

【イガラバ使用タックル】

・ブラストビーツ BBS―64L
・ステラ 2500 S
・ピットブル8 0.6号/リーダーフロロ5lb.〜8lb.

 

 

アフター時期におすすなスモラバ「BFカバージグ」の使い方

一方、もう1つのおすすスモラバ「BFカバージグ」は、ルアー名にもあるようにカバー攻略に特化したスモラバです。コンパクトながらアピール力があり、カバー擦り抜けや回避能力が高いスモラバです。


ジャクソン公式BFカバージグ詳細ページはこちら

 

BFカバージグで狙うエリアは…。

・カバー、ブッシュ、ゴミだまり
・レイダウン、立木
・ブレイク、ロック、
・ウィード、パッド
といったカバー周り!

BFカバージグの使い方とオススメのトレーラーは?

アプローチは、ややこしいカバーやウィードポケット等に対して撃ち込んでフリーフォールでスモラバをボトムまで落としてシェイクで誘うのが基本的なアクションです。
また魚のレンジを探りながら表層→中層→ボトムの順に段々とレンジを下げながらシェイクするのも効果的です!

BFカバージグのオススメのトレーラーは、エグジグホッグ 3.2inch 、ポーキーチャンク3.4inchという2つがオススメです!

 

【BFカバージグ・使用タックル】

・デュナミス DNS―72MH
・ステラ 3000 HG
・ピットブル 12 1号/リーダーフロロ10lb.〜14lb.

 

スモラバ攻めに続いてアフターに有効な虫系ワームを使った攻めをご紹介していきます。

1 / 2
次へ